まほろばの湯(まほろばのゆ)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

天平の湯温泉のイメージ画像  

平城宮跡

よみがえる天平の甍

奈良時代の都であった平城京の中心で、かつては大極殿・内裏・朝堂院といった建物が青い甍を並べていた。現在では、約120万平方メートルの広々とした野原に発掘調査に基づいて朱雀門や庭園が再建され、2010年までには正殿である「大極殿」も再建される予定。

 
  • 住所:奈良市佐紀町
  • TEL:0742-30-6753
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし(平城宮跡資料館・遺構展示館)

朱雀門のイメージ画像  

朱雀門

平城宮の正門としてそびえる

平城宮の正門で、平城京跡に位置する。門を潜り抜けて北は平城宮内、南は平城京のメインストリートである朱雀大路が延びていた。高さは20メートル、間口25メートル、奥行き10メートルの二重門として現代に蘇り、朱塗りの柱と白壁がなんとも美しい。

 
  • 住所:奈良市佐紀町
  • TEL:0742-30-6752
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

府立笠置山自然公園のイメージ画像  

府立笠置山自然公園

桜の花見や紅葉のスポットして著名

古くからの修験道場、信仰山として知られる笠置山に位置し、1300年もの歴史を持つ笠置寺境内にある公園。山にはアカラシやクヌギ、アオキなどが自生し、ほぼ全山が広葉樹で覆われている。麓の河原には春には桜、秋には紅葉が咲き乱れ、観光客で賑わいを見せる。

 
  • 住所:相楽郡笠置町笠置
  • TEL:0743-95-2301
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし ※場所により有料。詳細はお問い合わせください。

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。