"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

ちゅうぜんじ

栃木県

中禅寺温泉の基本情報

 

4.5(全8件)

  • 【中禅寺温泉】歴史と自然の神秘が包む奥日光の高原リゾート

    【中禅寺温泉】歴史と自然の神秘が包む奥日光の高原リゾート

  • 【奥日光 ホテル四季彩】お客様から好評価の中禅寺湖の畔に佇むハイクラス宿 乳白色にごり湯に浸かり四季折々の手作り料理に舌鼓

    【奥日光 ホテル四季彩】お客様から好評価の中禅寺湖の畔に佇むハイクラス宿 乳白色にごり湯に浸かり四季折々の手作り料理に舌鼓

  • 【中禅寺温泉 旅籠なごみ】白いにごり湯を源泉かけ流し!自然が織りなす湖畔に佇む全室レイクビューの宿

    【中禅寺温泉 旅籠なごみ】白いにごり湯を源泉かけ流し!自然が織りなす湖畔に佇む全室レイクビューの宿

  • 【中禅寺金谷ホテル】国立公園・中禅寺湖畔に佇む伝統と格式のホテル。伝統のフレンチディナーと乳白色のかけ流し湯を楽しむ

    【中禅寺金谷ホテル】国立公園・中禅寺湖畔に佇む伝統と格式のホテル。伝統のフレンチディナーと乳白色のかけ流し湯を楽しむ

歴史と自然の神秘が包む奥日光の高原リゾート

徳川家康を祀る荘厳華麗な日光東照宮、天台宗三山の一つ輪王寺、奈良時代末期から続く二荒山神社。世界文化遺産の二社一寺には、季節を問わず多くの参拝客が訪れる。言わずと知れた関東屈指の観光地、日光。 カープを曲がるたびに高度を上げるいろは坂。登りきった先に、中禅寺温泉が佇む。眼前には、透明な湖面が美しい中禅寺湖。湖畔に立ち並ぶ宿やお土産屋、湖面を行き交う遊覧船がリゾート気分を高め、夏でも涼しい気候が市街地の喧騒を忘れさせる。 豪快な姿が圧巻の華厳の滝までは徒歩約15分。さらに奥には標高約1400mの大湿原、戦場ヶ原。受け継がれし歴史と信仰、守られし自然の神秘をじっくり味わう旅がある。

中禅寺温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

中禅寺温泉のクチコミ

総合満足度

4.5

(全8件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
30代男性
訪問回数:
初めて
訪問・滞在の種別:
宿泊
同行者・目的:
一人旅

私が行ったときは平日なのもあり人がいませんでした。おみやげ屋さんにもお客さんが居らず大変入りずらかったです。旅籠なごみさんには満足していたのでなおさら温泉地にはさびしい感じでした。

評価ポイント

  • さらさら湯
  • 温泉街を散策できる
  • 静かな・落ち着いている
  • 近くに観光地がある

中禅寺温泉の特徴

観音浄土の補陀洛(ふだらく=梵語)に由来するという霊山・二荒山(ふたらさん=男体山)。この二荒山の噴火により生まれた中禅寺湖の東岸に広がるのが、中禅寺温泉だ。温泉は乳白色の硫黄泉。1951年(昭和26年)、奥日光の最奥にある日光湯元温泉から引き湯を開始した。熱湯に近い高温の源泉が、約12㎞の道のりを移動する間に適温になるとか。夏は避暑、秋は紅葉で染まる標高1250mの高原リゾートで、大地の温もりに包まれたい。

特徴
にごり(乳白色)
泉質
炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫黄泉
効能
神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、冷え性、皮膚病、痔疾

中禅寺温泉の住所・アクセス

栃木県日光市中宮祠
車でお越しの方
清滝ICから車で約30分
電車でお越しの方
東武日光駅よりバスで約40分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

  • ゆこゆこ予約センター 0120-715-237 050-3851-2799

    ※通話無料8:50~21:00受付(年末年始以外)

    ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

このページをシェアする