"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

ナス

栃木県

那須温泉の基本情報

 

4.4(全84件)

  • 豊かな自然と名湯と美しい花々を望む

    豊かな自然と名湯と美しい花々を望む

  • 【湯遊天国】硫黄泉・弱アルカリ泉・マグネシウム泉と、3種の泉質を愉しめる!

    【湯遊天国】硫黄泉・弱アルカリ泉・マグネシウム泉と、3種の泉質を愉しめる!

  • 和洋中約90種バイキング

    和洋中約90種バイキング

  • 【露天風呂】那須御用邸と同じ源泉と自然の息吹を感じる

    【露天風呂】那須御用邸と同じ源泉と自然の息吹を感じる

  • 露天風呂

    露天風呂

  • 【貸切風呂】眺望を楽しみながら湯浴みできる展望貸切風呂

    【貸切風呂】眺望を楽しみながら湯浴みできる展望貸切風呂

  • 【大浴場】濃厚な乳白色の湯がなみなみと注ぐ

    【大浴場】濃厚な乳白色の湯がなみなみと注ぐ

  • 【露天風呂】高原の心地よい雰囲気のなかでの湯浴みは格別

    【露天風呂】高原の心地よい雰囲気のなかでの湯浴みは格別

  • 【バイキング/例】実演充実!約60種100品目が食べ放題

    【バイキング/例】実演充実!約60種100品目が食べ放題

  • 【大露天風呂】自家源泉から毎分800ℓが湧き出す湯は、加温・循環・ろ過一切なし。贅沢な「源泉かけ流し」の湯を堪能

    【大露天風呂】自家源泉から毎分800ℓが湧き出す湯は、加温・循環・ろ過一切なし。贅沢な「源泉かけ流し」の湯を堪能

豊かな自然と名湯と美しい花々を望む

那須岳の麓のツツジが咲き誇る春、のどかな牧場風景と那須岳のハイキングが絶好の夏。茶臼山の山頂から麓へと下りてくる紅葉に、スキーと雪見の温泉がたまらない冬。四季折々の表情を見せる那須高原の大自然が出迎えてくれる那須温泉郷。 東北自動車道・那須ICから温泉郷へと続く一帯は、まさに高原リゾート。並木道が続きゴルフ場やオシャレな店、美術館などが点在。一方、温泉は豊富な湯量と様々な泉質を楽しめる名湯。 リゾート気分を味わえる新那須温泉に、湯治場の雰囲気を残す那須湯本温泉。標高約1250mの場所に湧く秘湯、大丸温泉から見下ろす那須野ヶ原は絶景だ。豊かな自然とあふれる名湯で、自分好みの休暇を過ごしたい。

那須温泉のクチコミ

総合満足度

4.4

(全84件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
60代女性
訪問回数:
2回目
訪問・滞在の種別:
宿泊
同行者・目的:
夫婦・カップル旅行

2度目の宿泊でした。温泉は普通のお風呂でした。のんびり入れたのは、良かったかな😃。食事は、飲み放題がついてましたが、ちょっとせわしかったです。お料理は、若い人むけのようでした。少しだけでも、年配者向けのお料理が欲しかったです。朝食は、コロナ禍の影響で、和食か、洋食の選択でしたので、和食を選び、大正解でしたが。食後に、お茶が出てこなかったのが、残念でした

評価ポイント

  • 静かな・落ち着いている
  • アクセスが便利
  • 近くにお店が充実

那須温泉の特徴

那須御用邸のある新那須温泉、温泉郷の中心の那須湯本温泉、最奥の大丸温泉を総称して那須温泉と言う。有名な「那須七湯」は鹿の湯、高雄、八幡、弁天、北、大丸、三斗小屋の7源泉のこと。活火山の茶臼岳の麓には、七湯の他にも多数の源泉が点在し豊富な湯量を誇る。泉質は源泉によりさまざま。いずれも古い歴史を持ち、山深い場所に湧く秘湯が揃う。心静かにじっくり名湯と向き合うのも、また格別だ。

泉質
単純温泉、硫黄泉
効能
神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、胃腸病、皮膚病

那須温泉の住所・アクセス

栃木県那須郡那須町
車でお越しの方
那須ICから車で約35分
電車でお越しの方
黒磯からバスで約35分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

    ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

このページをシェアする