"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

たんご

京都府

丹後温泉の基本情報

  • 【丹後温泉】究極の松葉ガニと間人港の海に面した温泉

    【丹後温泉】究極の松葉ガニと間人港の海に面した温泉

  • 【丹後温泉はしうど荘】漁師町「間人」で海の幸を満喫!名勝「立岩」を望む露天風呂も自慢!

    【丹後温泉はしうど荘】漁師町「間人」で海の幸を満喫!名勝「立岩」を望む露天風呂も自慢!

  • 【丹後半島 海遊】丹後半島岸壁に建つ隠れ宿。料理は鮮度抜群で魚好きも納得の量と質。風呂は日本海を一望する露天風呂と自家源泉のトロトロ美人の湯。

    【丹後半島 海遊】丹後半島岸壁に建つ隠れ宿。料理は鮮度抜群で魚好きも納得の量と質。風呂は日本海を一望する露天風呂と自家源泉のトロトロ美人の湯。

究極の松葉ガニと間人港の海に面した温泉

日本海に面した京丹後市(旧丹後町)、難読地名「間人(たいざ)」港の近くに佇む温泉地。間人港といえば、“究極の”と枕詞がつく高級松葉ガニ「間人ガニ」で知られる。数日停泊する沖合いカニ漁に対し、間人では地元漁協の小型船が近海に繰り出し、その日のうちに水揚げする「日帰り操業」を実践。緑色のタグ(識別票)が付けられた新鮮なカニだけが晴れて「間人ガニ」を名乗る事ができる。海が荒れる冬場は供給も不安定で、基本的には地元でしか食べられない幻のカニだ。もちろん冬のカニだけに留まらず、一年を通じて新鮮な海の幸に恵まれている。

丹後温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

丹後温泉の特徴

日帰り入浴もできる、天然湧出のナトリウム・カルシウム硫酸塩泉。神経痛、動脈硬化、肩こり、冷え性、ねんざ、やけど、皮膚病などさまざまな効能が期待できる。湯冷めしにくく、体があたたまった状態が長続きすることから、地元の常連客にも愛用されている。

泉質
ラジウム泉
効能
神経痛、肩こり、疲労、冷え性、動脈硬化

丹後温泉の住所・アクセス

京都府京丹後市丹後町間人
車でお越しの方
京丹後大宮ICから車で約30分
電車でお越しの方
網野駅からタクシーで約20分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

  • ゆこゆこ予約センター 0120-715-237 050-3851-2799

    ※通話無料8:50~21:00受付(年末年始以外)

    ※8:50~21:00受付(年末年始以外)

このページをシェアする