電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

ももやま

京都府

桃山温泉の基本情報

  • 【桃山温泉】宇治川のほとり、伏見城下に湧く雅びな温泉

    【桃山温泉】宇治川のほとり、伏見城下に湧く雅びな温泉

宇治川のほとり、伏見城下に湧く雅びな温泉

豊臣秀吉が築いた伏見城の城下町として栄えてきた伏見にある温泉地。秀吉の没後は徳川家康が整備を進め、宇治川には三十石船が運行、京都と大阪を結ぶ港町として賑わった。「伏見」という地名が示す通り、伏流水に恵まれた土地で、酒造りも盛ん。町には今も酒蔵が残り、「大倉記念館」では酒造りの歴史に触れることができる。さらに古い時代を偲ばせるのが、稲荷山の西南に位置する深草遺跡。弥生時代中期の遺跡とされ、鋤や鍬といった木製農具が出土している。また点在する神社仏閣も古の歴史に彩られ、古都の香りを漂わせる。

桃山温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

桃山温泉の特徴

メタケイ酸を多く含むアルカリ性の単純硫化水素泉で、神経痛やリウマチ、美肌などへの効果が高いとされている。湯はやわらかな肌触りが特徴で、湯上りには肌がツルツルになる。

泉質
ラジウム泉
効能
神経痛、リウマチ、美肌

桃山温泉の住所・アクセス

京都市伏見区桃山町
車でお越しの方
京都南ICから車で約20分
電車でお越しの方
観月橋から徒歩で約1分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする