電話で予約 8:50〜21:00
電話予約

おおはら

京都府

大原温泉の基本情報

  • 【大原温泉】侘びとひなびの里・大原に湧き出すいで湯

侘びとひなびの里・大原に湧き出すいで湯

京都市街地の北東、若狭(福井県)に通じる鯖街道沿い、洛北の昔懐かしい田園風景広がるエリア・大原にある温泉地。大原は古くから貴人や仏僧の隠棲地として知られる。 周辺にはデュークエイセスが唄ったヒット曲『女ひとり』に登場する三千院、『平家物語』終章の舞台となった寂光院などの仏閣が佇み、平家ゆかりの地としても有名。 京の都に薪や食材を提供してきた自然豊かな田園の里でもあり、夏になれば名物「柴漬け」の材料となるシソの赤紫の鮮やかな花が畑に咲き誇る。紺衣に手甲・前掛け姿で薪や花を京の町に売り歩いた女行商人は大原女(おはらめ)と呼ばれ、今でも女性ならば観光体験が可能。

大原温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

大原温泉のクチコミ

総合満足度

4.0

(全4件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
20代男性
訪問回数:
3回以上
訪問・滞在の種別:
訪問
同行者・目的:
一人旅

京都観光の日帰り旅行で大原へ。ロープウェイで比叡山の景色を楽しみ帰りに温泉に行きました。 紅葉の景色とともに浸かる露天風呂は最高です。観光で歩きまわって疲れた体が癒されます。

評価ポイント

  • 温泉街を散策できる
  • 静かな・落ち着いている
  • 秘湯感がある
  • アクセスが便利
  • 近くに観光地がある
  • 近くにお店が充実

大原温泉の特徴

平成16年、京都郊外の大原に湧き出た新しい温泉。大原は景観を保護する風致地区に指定されており、宿や内風呂・露天風呂はどれも周りの雰囲気にとけこむような趣きで作られている。アルカリ性pH8.7の泉質は、無色透明でまろみある手ざわり感が特徴。浴後はさっぱりした感じで、このお湯を販売してくれる宿もある。日帰り入浴は、多くの宿でおはぎ、おにぎり・味噌汁、うどん・そばなどの昼食コースとセットで受けつけている。大原の散策の途中、腹ごしらえと湯浴みをあわせて楽しめるのがいい。

泉質
単純温泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、冷え性、痔疾など

大原温泉の住所・アクセス

京都府京都市左京区大原
車でお越しの方
京都東ICから車で約40分
電車でお越しの方
京都駅からバスで約60分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする