• このページをシェア

しもだ下田温泉

南国情緒と歴史情緒が味わえる「日本開国の地」

南国リゾートの雰囲気が漂う海沿いとは対照的に、市街地は歴史情緒たっぷりの街並み。1854年のペリー来航後、鎖国・日本で最初に開港されたのがここ下田。通称「ペリーロード」と呼ばれる了仙寺から下田公園までの通り沿いは、“なまこ壁”や伊豆石造りの建物が立ち並ぶ日本開国の地・下田の象徴的な場所だ。 黒船の資料などが多数保管されている了仙寺、幕末の志士・吉田松陰が密航を企てた際に潜んだ弁天島など、幕末動乱の幕開けを今に伝える史跡も多く残る。 2004年は開港150周年。散策後は、落ち着いた雰囲気の老舗旅館で日本が世界に開かれた時代に思いを巡らせてみるのもよい。

下田温泉の宿一覧(11件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 リウマチ、疲労、婦人病など

伊豆一の人気を誇る白浜大浜海水浴場に代表される多くの浜辺がそろう下田は、海沿いに近代的なホテルが立ち並ぶ南国情緒豊かなリゾート地。潮風と太陽の光を全身で満喫したあとは、肌に優しい単純温泉でゆっくりと疲れが癒せる。下田市内に点在する蓮台寺・河内・白浜などの温泉の中で、山あいの観音温泉はより刺激の少ない強アルカリ性のお湯を楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

静岡県下田市

アクセス

  • でお越しの方

    御船ICまたは松橋ICから車で約130分

  • 電車でお越しの方

    三角駅から車で約100分

このサイトをシェアされたい方はこちら