• このページをシェア

みっかび三ケ日温泉

太古のロマンと自然の奇跡に出会える

「三ケ日人只木遺跡」は、現人類の祖先とみなされる約2万年前の人骨が発見された遺跡。太古の時代から人類を育んできた三ケ日には、他にも数多くの史跡が残る。 平安地代の日本三筆の一人、橘逸勢の筆塚(橘神社)や、平安時代の様式で造られた鎌倉初期の庭園を持つ摩訶耶寺、足利、織田、豊臣、徳川各将軍に献上された納豆で有名な大福寺など歴史的名所が点在。 また湖畔に出れば、「ダイダラボッチ伝説」で有名な礫島や、「二条の掛け橋」の向こうに広がる浜名湖の景観が美しい猪鼻湖神社などの名勝も並ぶ。2万年以上の年月をかけて刻まれた自然と人類の足跡を、一つ一つ丁寧にめぐりたい。

三ケ日温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など

浜名湖の北西岸、支湖の猪鼻湖畔に湧く温泉地。湧き出す温泉は単純温泉で、pH9.6とアルカリ度の高い泉質で“美人の湯”として親しまれている。複雑に半島や岬、浦が入り組んだ景勝に、古くから「みかんの里」と呼ばれる温暖な気候と豊かな自然が出迎えてくれる。湖の幸にフルーツと温泉で、体の中からキレイになれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

静岡県浜松市三ケ日町下尾奈瀬戸

アクセス

  • でお越しの方

    三ヶ日ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    奥浜名湖駅から徒歩約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら