• このページをシェア

かわづおんせんきょう河津温泉郷

日本の文学史に残る一大温泉郷。

河津温泉郷とは静岡県は河津町に存在する温泉の総称で、今井浜温泉、峰温泉、河津浜温泉、湯ヶ野温泉、谷津温泉、大滝温泉、七滝温泉で構成される。 伊豆といえば川端康成『伊豆の踊り子』が最も有名だが、この河津町を舞台にした作品は多数あり、井伏鱒二、中島敦、三島由紀夫、西村京太郎など明治・大正・昭和と時代を超えて多くの文豪たちを魅了してきた土地である。 全国的に有名な観光名所も数多く、ほとんどの温泉地が河津川沿いに位置しているので、上流から下流まで各温泉地の異なる風情を比べてみたり、文学と温泉をテーマにしてみたりするのも面白い。河津温泉郷はどこに行っても旅情たっぷりなのが温泉ファンを魅了し続けている理由のひとつかもしれない。

河津温泉郷の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など

峰温泉「町営踊り子温泉会館」の泉質。他に多数の泉質あり。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

静岡県賀茂郡河津町

アクセス

  • でお越しの方

    沼津ICから車で約90分

  • 電車でお越しの方

    河津駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら