• このページをシェア

だけ岳温泉

『智恵子抄』の“ほんとの空”に出会える温泉地

「智恵子は東京に空が無いといふ」で始まる高村光太郎『智恵子抄』の中の「あどけない話」。その智恵子は「阿多多羅(あだたら)山の山の上に毎日出てゐる青い空」が“ほんとの空”だと言う。 その阿多多羅山(=安達太良山)の山麓、標高600mの高さに広がるのが岳温泉だ。1200年ほど前、征夷大将軍の坂上田村麻呂が東征の際に開いたとされる古湯で、隠居中の水戸黄門も訪れたと伝えられる歴史ある名湯。 智恵子が言う“ほんとの空”に向けて延びる坂道の脇に旅館やホテル、土産店が建ち並び温泉街を形成。安達太良高原の豊かな自然と青い空に見守られながら、日頃の喧騒を離れてゆっくり過ごしたい。

岳温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

泉質 酸性泉
効能 神経痛、胃腸病、皮膚病など

安達太良山と並んでそびえる鉄山の南直下にある、くろがね小屋付近の源泉から豊富に湧く温泉。お湯は全国的にも珍しい酸性泉で無色透明、強い酸味を帯びている。源泉から約7.8㎞にわたって各旅館に引き湯されており、その間に管の中で適度に湯もみされるので肌に優しい柔らかなお湯になるとか。美肌効果や療養効果も高いといわれる希少な酸性泉が、温泉気分を盛り上げる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県二本松市岳温泉

アクセス

  • でお越しの方

    二本松ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    二本松駅からバスで約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら