• このページをシェア

あつしお熱塩温泉

禅寺から湧き出る熱くて塩からい子宝の湯

源泉が湧き出る古刹「示現寺」を中心にひっそりと佇む温泉地。門前には、ひなびた風情が印象的な「下の湯共同浴場」が建ち、熱くて塩辛い熱塩の湯をかけ流しで楽しめる。さらには、山に囲まれた狭隘な土地に肩を寄せ合うように軒を並べる足湯小屋と湯宿。 少し足を延ばせば、初夏には薄紅色の花を咲かせるヒメサユリの群生地や、秋には紅葉も美しい大自然が広がる。2000をこえる蔵の街、ラーメンの街、造り酒屋の街と多彩な趣きをもつ“喜多方の奥座敷”。 かつて喜多方との間を旧国鉄「日中線」が走っていたが、廃線となり今はしだれ桜の並木道となり、かくれた桜の名所になっている。

熱塩温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、婦人病、胃腸病、冷え性、不妊症

温泉の歴史は古く、600年ほど前に名僧源翁禅師が、子をはらんで苦しむ大蛇を鎮めた際に湯が湧き出てきたとか、愛用のアカザの杖を突き刺した所に湯が湧き出たなど、いくつかの開湯伝説が伝わる。今も禅宗の古刹「示現寺」境内からは65.5℃で塩分の強いの豊富な湯が湧き出ており、文字通り熱く体が浮き上がるほど塩分が強いのが特徴。この強い塩分が皮膚の毛孔をふさぎ、体をよく温め湯上り後も肌がサラサラと評判だ。婦人病への効能も高く、発見の由来とあわせて「子宝の湯」としても有名。温泉街の入り口には子育て地蔵が祀られており、実際

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県喜多方市

アクセス

  • でお越しの方

    会津若松ICから車で約40分

  • 電車でお越しの方

    喜多方駅から車で約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら