• このページをシェア

ばんだいあたみ磐梯熱海温泉

2種類の温泉が楽しめる“萩姫伝説”の名湯

郡山から車で約30分程度の場所にある「郡山の奥座敷」。今から800年ほど前の南北朝の時代、京の公家の娘で絶世の美女と謳われた「萩姫」が不動明王のお告げで発見し、難病を完治させたという言い伝えが残る名湯。 「熱海」という地名は、源頼朝の奥州征伐後に領主になった伊東氏が故郷の伊豆をしのんで名付けたとか。「萩姫伝説」によれば京都の淀川から500本目にあたる五百川沿いに、美しい自然とゆったりとした情緒が広がる。 高級感のある和風旅館から昔ながらの宿や共同浴場、近代的な施設を備えた旅館などが揃う温泉郷。

磐梯熱海温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、皮膚病、美肌

猪苗代湖や磐梯高原への観光の拠点として賑わう温泉地。古くは駅前の旧熱海温泉と西部の旧高玉温泉に分かれていた。旧高玉温泉は市営源泉で集中管理、旧熱海温泉は市営源泉と各独立源泉を併用しているとか。主な泉質はアルカリ性単純泉で、皮膚の角質を溶かし漂白作用もある「美人の湯」として有名。各独立源泉の中には硫黄泉のものもある。53℃のあつ湯(単純泉)と38℃のぬる湯(硫黄泉)があり、両方を楽しめる旅館もある。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県郡山市熱海町

アクセス

  • でお越しの方

    熱海ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    磐梯熱海駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら