• このページをシェア

ごしきおんせん五色温泉

水と緑の楽園で出会う野趣あふれる名湯

福島県のほぼ中央にあり、四季折々の美しく雄大な自然景観をつくりだす磐梯山。猪苗代湖や五色沼などの湖沼群は明治21年の磐梯山大噴火によって生成された。大小300余の湖沼群と爆裂火口の雄姿を見せる磐梯山を 中心とした地域は、1950年に「磐梯朝日国立公園」に指定された。 また2011年には「磐梯山ジオパーク」として日本ジオパーク協議会に加盟している。2013年に無料開放された 「磐梯吾妻レークライン」は磐梯 高原の桧原湖、小野川湖、秋元湖の湖畔を走る観光道路。途中の中津川渓谷は新緑や紅葉の名所。 自然美あふれる北塩原村はその中心となる地区であり県内随一の観光地となっており、湯巡りとともに高原リゾートや自然を思う存分満喫できる。

五色温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、ねんざ、冷え性、動脈硬化、皮膚病、打撲、痔疾

泉温47.7℃。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県耶麻郡北塩原村

アクセス

  • でお越しの方

    猪苗代・磐梯高原ICから約20分

  • 電車でお越しの方

    猪苗代駅からバスで裏磐梯ロイヤルホテル下車

このサイトをシェアされたい方はこちら