• このページをシェア

たかゆ高湯温泉

硫黄の香りが誘う開湯約400年のいで湯の里

どこからともなく硫黄の香りが漂ってきて、「温泉に来たんだ」という実感がフツフツとわいてくる。福島市街地から西へ車で約30分。吾妻山の中腹、標高約750mの場所に9軒の宿と1軒の共同浴場がひっそりと佇む。 開湯約400年。その昔、農民たちが農閑期になると米や野菜を背負って登り、湯に浸かり疲れを癒したという湯治場。山の麓には馬子が用意され、道の途中に「おたすけ茶屋」もあったとか。 現在も、ひたすらに源泉かけ流しの湯を守り続け、平成10年には国民保養温泉地に指定された。磐梯吾妻スカイラインの福島側入口にあたり、観光の拠点となっている。

高湯温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、疲労、婦人病、胃腸病、高血圧、皮膚病、糖尿病、美肌

今から約400年前の開湯以来、「奥州三高湯」の一つとして繁栄を続ける古湯。豊臣秀吉の太閤検地で、湯銭を納めたとの記録も残る。「滝の湯」「熱湯」「仙気の湯」など自然湧出の源泉が9カ所あり、それぞれ微妙に特徴が異なるとか。毎分3158Lと豊富に湧き出るお湯は、乳白色の硫黄泉。薬効が高く、特に皮膚病、関節痛、血糖値の正常化に効能があるといわれる名湯は、各宿で源泉かけ流しで楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県福島市町

アクセス

  • でお越しの方

    福島西ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    福島駅からバスで約40分

このサイトをシェアされたい方はこちら