"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

大浴場に併設の露天風呂。岩風呂と檜風呂の2種の露天風呂で硫黄泉を満喫!露天風呂の目の前に広がる豊かな蔵王の森は四季の移ろいを感じさせてくれる。夜通し入浴ができ、蔵王の名湯を存分に満喫!

【露天風呂/昼】春夏は青々とした緑をを秋は紅葉に染まる木々を冬は雪を愛でながら

【露天風呂/昼】春夏は青々とした緑をを秋は紅葉に染まる木々を冬は雪を愛でながら

【露天風呂/夜】夜は幻想的な雰囲気に

【露天風呂/夜】夜は幻想的な雰囲気に

【湯口】乳白色湯の名湯を贅沢に楽しむ

【湯口】乳白色湯の名湯を贅沢に楽しむ

西暦110年開湯と言われ1900年の歴史がある山形県(旧出羽国、明治以降は羽前国)の山形市南東部、蔵王連峰の西麓にある温泉。標高880mに位置し、古くは高湯(たかゆ)と呼ばれていた。同県の白布温泉、福島県の高湯温泉と共に奥羽三高湯の一つに数えられる。また「美人の湯」と言われ、日本で2番目の強酸性硫黄泉という特徴をもつ。そんな蔵王の名湯を大浴場と「岩」と「ひのき」の「森の露天風呂」で贅沢に満喫できる。大浴場から階段を下っていくとそこには併設の露天風呂が。2種の露天風呂の目の前には蔵王の山々の豊な自然がひろがり、秋には紅葉をめでながら、ふゆにはしんしんとふる雪を眺めながら入浴できたりと四季折々の表情を見ることができるのも魅力の一つ。大自然にかこまれながら、乳白色湯の名湯にゆっくりとつかる。自然の恵みを存分に受けながら過ごす時間は日頃の疲れをわすれさせてくれるようだ。一部の清掃時間を除き24時間好きな時に入る事ができるのも嬉しい。こんこんと沸く乳白色湯をご堪能ください

  • 温泉
  • 露天風呂
  • 貸切風呂
  • かけ流し
  • にごり湯
泉質 硫黄泉(pH1.6、配湯、にごり)

アメニティ

アメニティ
シャンプー
リンス/コンディショナー
トリートメント
ボディーソープ・石鹸
洗顔料
髭剃り
シェービングクリーム
化粧水
保湿液・乳液
メイク落とし
シャワーキャップ
コットン
ボディークリーム
ドライヤー
ブラシ
綿棒
歯ブラシ
フェイスタオル
バスタオル
飲み物サービス
ベビーベッド
 
 
 
 

お風呂の種類・詳細

    温泉 かけ流し 内湯 露天風呂 サウナ 深夜入浴
大浴場 大浴場1 男性: ◯    女性: ◯

※24:00~翌6:00に入浴できる浴場を深夜入浴と呼んでおります

貸切風呂はございません。

大浴場

大浴場1

男性: ◯    女性: ◯

【露天風呂/昼】春夏は青々とした緑をを秋は紅葉に染まる木々を冬は雪を愛でながら

【露天風呂/夜】夜は幻想的な雰囲気に

【湯口】乳白色湯の名湯を贅沢に楽しむ

  • 温泉
  • かけ流し
  • 内湯
  • 露天風呂
  • サウナ
  • 深夜入浴
  • 手すり
入浴可能時間 男性0:00~24:00女性0:00~24:00
広さ 浴槽: 内湯(15人) 、 露天(15人)
洗い場:シャワー7台
露天/内湯/他 露天:2 ( 温泉:2 かけ流し:0 )
内湯:2 ( 温泉:2 かけ流し:0 )
バリアフリー
脱衣所から洗い場への段差: なし
洗い場から浴槽への段差: なし
浴槽へ入る際の手すり:なし
洗い場に高めの椅子:一部あり
泉質 硫黄泉
お知らせ