• このページをシェア

おのがわ小野川温泉

小野小町が夢枕のお告げで発見したホタル舞ういで湯

山形県を横断する最上川の源流のひとつ大樽川(鬼面川)の河畔に広がる温泉地。小野小町の開湯と伝わる共同浴場「尼湯」を中心に、お土産屋や共同浴場、落ち着いた風情の宿が並び温泉街を形成している。 周辺は豊かな自然に恵まれ、大樽川の清流はヤマメ・イワナなどの渓流釣りの名所であるとともに、環境省「ふるさといきものの里100選」にも選ばれるホタル狩りの名所。数万匹のホタルが舞う様子は神秘的ですらある。 さらに、米沢の風土が育んだ牛肉、そば、鯉、地酒などの郷土料理も楽しみ。若き日の伊達政宗が戦の傷を癒し、“米沢の奥座敷”として上杉家の歴代藩主も愛したといういで湯には、今もなお時流に流されない和みがある。

小野川温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、皮膚病

平安時代、承和(834~848年)の頃、六歌仙の一人で絶世の美人と誉れ高い小野小町が、行方知れずの父を捜すべく京より遠く出羽国(現在の山形県・秋田県)へ出立した。だが、途中で病となり臥してしまったところ、薬師如来が夢枕に立ち、その導きに従って発見したと伝わる古湯。その後、病も癒え、父とも再会できたといわれる。小町ゆかりの伝承から「美人の湯」とも呼ばれ、肌や髪が艶やかになると評判。83℃で湧き出す源泉は毎分1200Lと湯量も豊富で、神経痛に効果があるラジウムの含有量も全国有数とされる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

山形県米沢市小野川

アクセス

  • でお越しの方

    飯坂ICから車で約85分

  • 電車でお越しの方

    米沢駅からバスで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら