• このページをシェア

くさつ草津温泉

“天下の名湯”草津には本物の温泉がある

辺り一面を覆う湯煙から、強烈な硫黄臭が漂う。7本の木樋から音を立てて流れる湯滝に、滝壷に輝くブルーグリーンの湯。幻想的な光景に、どこからか「草津よいとこ一度はおいで」と草津節が聞こえてきそうで思わず心が躍る。 「天下の名湯」「日本三名湯」の肩書きに応える草津の姿が、湯畑にはある。草津独特の入浴法が“時間湯”。草津節に合わせて大きな板を使った湯もみで湯を冷ました後、湯長の号令でいっせいに3分間だけ入浴。 高温の湯を源泉のまま浴するために工夫された方法だ。有名な湯もみは、「熱乃湯」で見学可。

草津温泉の宿一覧(18件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫黄泉、酸性泉
効能 神経痛、関節痛、疲労、冷え性など

毎分32300Lと自然湧出量日本一を誇る「天下の名湯」。6つの源泉を持ち、草津のシンボルでもある幅20、長さ60mの湯畑は毎分約4000Lを湧出している。お湯は、pH2.1と日本でも有数の強い酸性泉で、殺菌力が強くお肌がピリピリする。泉温52.7℃の源泉をかけ流しで楽しむために生まれたのが、“湯もみ”と“時間湯”。絶えることなく湧き出る大地の恵みを贅沢に味わえる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県吾妻郡草津町草津

アクセス

  • でお越しの方

    渋川伊香保ICから車で約80分

  • 電車でお越しの方

    長野原草津口駅からバスで約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら