• このページをシェア

くらぶちかわうらおんせん倉渕川浦温泉

小栗上野介終焉の地に湧く美肌の湯

幕末の偉才・小栗上野介が晩年を過ごした地、上野国群馬郡権田村(現群馬県高崎市倉渕町権田)。勘定奉行であった上野介は横須賀に製鉄所を建設し、幕府の財政再建と国力増強を図った人物。 上野介の領地であり、終焉の地でもある旧倉渕村は昭和56年に横須賀市と友好都市として提携を結んだ。横須賀市制施行80周年記念事業の一つとして建設された「はまゆう山荘」は平成17年に横須賀市より旧倉渕村に移譲された。 敷地内の源泉から汲み上げられる湯は、効能豊かな美肌の湯として訪れた人々に喜ばれている。三種混合の湯ともいわれ心身ともに癒される。日帰り温泉もあるので、気軽に温泉を楽しみたい方や地元の方にもおすすめだ。美しい自然のなか、釣りやトレッキングなども楽しめる。

倉渕川浦温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、高血圧、皮膚病

泉温45℃、pH6.5、循環・塩素消毒、「三種混合の湯」といわれる美肌の湯。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県高崎市

アクセス

  • でお越しの方

    高崎ICまたは前橋ICから車で約70分

  • 電車でお越しの方

    高崎線高崎駅からバスで約60分。宿からの送迎あり※予約必須

このサイトをシェアされたい方はこちら