• このページをシェア

しんかざわ新鹿沢温泉

標高約1300m、高原の風そよぐ自然豊かな温泉地

浅間山と四阿山との間、鹿沢温泉から湯尻川沿いに下った標高約1300mの台地に広がる高原エリアの温泉地。長野県境に近く、軽井沢アウトレットやグルメスポットへも気軽に足を運べるので、レジャーの拠点としても便利。 周辺には美しい自然が広がり、夏はキャンプにハイキング、秋は紅葉狩り、冬はスキーと、一年を通じて楽しみは尽きる事がない。例年6月になると天然記念物のレンゲツツジが咲き乱れ、風景に彩りを添えるのも見所のひとつ。 また、夏でも涼しい高原性気候は避暑に最適で、猛暑を逃れてひと夏を過ごす湯客が年々増え続けている。おすすめの地元グルメは、寒暖差の大きい高原の気候のもとに育まれた高原野菜を使った料理。

新鹿沢温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、婦人病、胃腸病、冷え性

手負いの鹿の傷を癒したのが名前の由来とされる歴史ある古湯、鹿沢温泉を引湯して大正8年に開湯した温泉地。湯あたりが柔らかく、無理なく長時間浸かっていられるのが魅力。いつもはカラスの行水という人も、ぜひゆっくりと長湯の楽しさを味わってほしい。周辺には数多くの温泉地が点在し、草津温泉へも車で約60分と近いので、ドライブがてら足をのばして温泉をハシゴしてみるのもおすすめだ。雄大な自然に包まれての温泉三昧は何とも贅沢。湯上りには、爽やかな高原の風が心地良く火照りを冷ましてくれる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県吾妻郡嬬恋村田代

アクセス

  • でお越しの方

    小諸ICから車で約60分または上田菅平ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    万座・鹿沢口駅からタクシーで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら