• このページをシェア

つきよのおんせん月夜野温泉

古歌に詠まれる美しい月を眺める湯浴み

関東百名山のひとつ、標高約1123mのテーブルのような形状が特徴の三峰山より昇る月をみて、平安時代の三十六歌仙の一人、源順(みなもと の したごう)が「おお、よき月よのかな」と深く感銘したことが月夜野 という地名の由来といわれている。 関東の水瓶と称される利根川源流域であり風光明媚な自然が豊かなことと、縄文時代の遺跡や真田家ゆかりの名胡桃城址、義人茂左衛門など、歴史遺産が多い地区。またリンゴ農家も多く 、美味しさには定評がある。 この地区を一望できる温泉は利根沼田望郷ラインのドライブの際にもぜひ立ち寄りたい。眼下には棚田と森の鎮守が広がり、のんびりとした里山の風景に心洗われる。夜には、電気を消して湯に浸かれば美しい月明かりに照らされ、月夜の風情を楽しめる。

月夜野温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、肩こり、冷え性

源泉温度28℃、毎分26.3L湧出、pH9.2。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県利根郡みなかみ町

アクセス

  • でお越しの方

    月夜野ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    後間駅から車で●分 ※人数がまとまった場合のみ宿からマイクロバスで送迎あり(県内であれば)

このサイトをシェアされたい方はこちら