• このページをシェア

あかぎ赤城温泉

赤城温泉郷で唯一の高温泉!永き歴史を持つ薬湯

赤城山の標高約800mに位置する秘湯ムード漂う温泉地。関東平野を一望し、四季折々の美しい大自然の中に静かに佇むのは、3~4軒の趣深い湯宿。創業が元禄時代という老舗宿が多く伝統のおもてなしと良泉、山菜や川魚などの素朴な郷土料理が、心から安らげる時を約束してくれる。 また周辺には、「ぐんまフラワーパーク」や「赤城クローネンベルク」などレジャースポットができ、約2㎞に渡って約1000本のソメイヨシノが咲き乱れる名所「赤城南面千本桜」などの見所も多く、近年は観光客の利用も多い。 日帰り入浴可能な宿もあるので、桜や紅葉狩りで訪れた際にもぜひ立ち寄りたい。

赤城温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 炭酸水素塩泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、高血圧

赤城山の南麓に点在する赤城温泉郷(赤城、滝沢、忠治、梨木)の中で唯一の高温泉。元禄2年、前橋藩主・酒井雅楽頭が「諸人人助けのため」として湯小屋を建設。新田義貞や国定忠治とその一党も、疲れた身体を癒しに訪れたという古くからの歴史を持つ。約40℃で、全国でも貴重な炭酸水素塩泉の源泉は、万病に効く薬湯として現在も親しまれ、入浴後もポカポカが続き冷めにくいと評判。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県前橋市苗ヶ島町

アクセス

  • でお越しの方

    伊勢崎ICから車で約40分

  • 電車でお越しの方

    大胡駅からタクシーで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら