• このページをシェア

きたたちばな北橘温泉

水と緑と出湯の街で楽しむ湯巡り

群馬県のほぼ中央に位置し、関東平野の最北西部に位置する渋川市。市の中央では利根川、吾妻川の清流が合流する水と緑の豊かな街であり、古くから宿場町として、また近代でも県内の交通の要衝として栄えてきた。 そのアクセスの良さは名湯・伊香保温泉はもちろん、美人の湯で知られる小野上温泉など湯巡りの拠点としてうってつけ。数多ある泉質の異なる魅力的なこの地の温泉を、一つでも多く巡ってみたい気に駆られる。 また観光農園や四季を彩る花の名所、美術館や博物館といった観光スポットも充実。その中でもハラミュージアムアークは国宝・重要文化財を含む東洋古美術と現代美術を随時紹介しており見応え十分。観光した後にゆったりと温泉に浸かれば、日常の疲れも癒やされ至福のときを味わえるだろう。

北橘温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病、痔疾など

泉温60.4℃、黄緑色がかった透明でほのかに柑橘系の香りのする天然温泉 。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県渋川市

アクセス

  • でお越しの方

    渋川伊香保ICから国道17号線経由で車で約10分

  • 電車でお越しの方

    八木原駅から車で約7分、渋川駅から車で約15分

このサイトをシェアされたい方はこちら