• このページをシェア

しきしまおんせん敷島温泉

古くから栄える宿場町に湧く名湯

群馬県のほぼ中央、関東平野の北側渋川市赤城町に位置する温泉。渋川市は古くから宿場町として栄えた町であり、伊香保温泉・小野上温泉などの温泉地も有する。湯巡りをしながら歴史の名所・旧跡を訪ねる旅も楽しめる 。 少し足をのばしてでも訪れたいのが臨江閣。近代和風の木造建築で、全体は本館・別館・茶室からなり、本館と茶室は県指定、別館は市指定の重要文化財だ。敷島温泉は雄大な赤城山のふもと、清流利根川沿いにある。 赤城山南麓を横断する国道353号線沿いには、さまざまなレジャースポットが集積しており、走っているだけでも四季を存分に感じられる。観光した後にはゆっくりと温泉に浸かり、身も心も思う存分休ませ英気を養いたい。

敷島温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、打撲、痔疾

pH8.0の弱アルカリ性、45.5℃の源泉をそのまま使用している(加水なし)。1500L/分の豊富な湧出量。無色透明の湯は浸かると肌質がすべすべになる。 

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

群馬県渋川市

アクセス

  • でお越しの方

    赤城ICから車で約5分、渋川・伊香保ICから車で約15分

  • 電車でお越しの方

    敷島駅から徒歩約8分

このサイトをシェアされたい方はこちら