"気軽にお得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00

050-3851-0165

ようこそ ゲストさん

重要なお知らせ
電話予約

やひこ

新潟県

弥彦温泉の基本情報

  • 弥彦温泉/門前町で旅人を癒してきた、「熱の湯」という名の温泉

    弥彦温泉/門前町で旅人を癒してきた、「熱の湯」という名の温泉

  • 四季の宿 みのや/【露天風呂】美しい木々と弥彦山に抱かれた展望露天風呂。やわらかな感触の湯が優しく肌を包む

    四季の宿 みのや/【露天風呂】美しい木々と弥彦山に抱かれた展望露天風呂。やわらかな感触の湯が優しく肌を包む

  • 名代家/*大浴場/男性

    名代家/*大浴場/男性

門前町で旅人を癒してきた、「熱の湯」という名の温泉

地元の人たちに「おやひこさま」と親しまれる越後一の宮・弥彦神社の門前に広がる温泉地。柱の直径が約2m、高さが約30mもある巨大な朱色の鳥居、うっそうたる杉やケヤキの木立の奥に鎮座する重厚な社殿。 900年代に編纂された古典『延喜式』にも登場する古社には、神々しい威厳が漂う。江戸時代には宿場町が形成され、今も季節を問わず多くの参拝客が訪れる。昭和35年に温泉が湧出し、3年後には国民保養温泉地にも指定。 弥彦神社のご神体、弥彦山へはロープウェーで登れ、山頂からは日本海や越後平野など雄大な眺めを一望できる。今も昔も人々が手を合わせる郷土の神様にお参りした後は、古き良き門前町の湯で心も体も癒されていく。

弥彦温泉の特徴

越後国一の宮として、古くから栄えてきた弥彦神社の前に湧く温泉。1000年ほど前に、鳥や獣が湯浴みをしていたという伝説も残るとか。開湯は昭和35年。塩化物泉の湯は、海水の成分に似た食塩を含み、塩辛く無色透明。入浴することにより皮膚に塩分が付着し汗の蒸発を防ぐため、保温効果が良く湯冷めしにくいことから「熱の湯」ともいわれている。全国的にも名高い弥彦神社。地元の暮らしを見守り続け、各地から訪れる旅人を癒し続ける湯が、今もこんこんと湧き出ている。

泉質
単純温泉
効能
疲労など

弥彦温泉の住所・アクセス

新潟県西蒲原郡弥彦村
車でお越しの方
三条燕ICから車で約30分
電車でお越しの方
弥彦駅から徒歩約15分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込) ※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-2799をご利用ください。

このページをシェアする