電話で予約 8:50〜21:00

きら

新潟県

雲母温泉の温泉・旅行情報

紅葉の名所「荒川峡」を望む、旧道沿いの温泉地

「雲母温泉」(きらおんせん)は、新潟県北部を流れる荒川の川沿いにあるレトロな温泉地。日本海と米沢を結ぶ国道に並走する旧道に沿って、2軒の共同浴場と3軒の旅館が建つ。「えちごせきかわ温泉郷」の一つで、近くには「高瀬温泉」や「鷹ノ巣温泉」などの温泉地も。現在高瀬温泉は荒川の対岸にあるが、かつては高瀬温泉の奥を荒川が流れていた。当時「雲母」と呼ばれていた地域は現在の流路のあたりで、川底に沈んでいる。そこで、新たに掘削してできた温泉地の名前として「雲母」の名が復活したという経緯がある。昭和中期の雰囲気を色濃く残した小さな共同浴場は、観光客にも開放されている。入浴料が安く営業時間も長いが、大きくはないので、地元の人の迷惑にならぬようマナーを守って訪れたい。

雲母温泉の特徴

川底深くから湧き出す温泉は、無色透明のあっさりした湯。源泉温度は高めで、熱めの風呂に入ると体が冴えわたる感覚が得られる。泉質は「ナトリウム-塩化物硫酸塩泉」で、ミネラルを含んでおり入浴後はよく温まる。名前の由来ではないが、かすかに雲母のような湯の華が待っているのも温泉情緒を高めてくれる。

泉質
塩化物泉、硫酸塩泉
効能
神経痛、冷え性、高血圧、動脈硬化、皮膚病

雲母温泉の住所・アクセス

新潟県岩船郡関川村上関
車でお越しの方
日本海東北自動車道 荒川胎内ICから車で約25分
電車でお越しの方
米坂線 越後下関駅からバスで約5分、徒歩約20分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする