• このページをシェア

あずまやあずまや温泉

標高約1500mの大自然に抱かれた絶景の湯

上信越自動車道「上田菅平IC」より車で約20分、日本の百名山のひとつに数えられる標高約2354mの四阿山(あずまやさん)の中腹に湧く高原の湯。隣には花の百名山といわれる標高約2207mの根子岳が並んでそびえ、いずれもトレッキングの名所として人気を集めている。 麓に広がるのは、各種スポーツや高山植物観賞などが楽しめる一大レジャースポットの菅平高原。冬季にはスキー場がオープンし、多くのスキーヤーが訪れる。また、上田市は戦国時代に活躍した真田氏が城を構えた事で知られる歴史ロマンあふれる地。現在も城跡や居館跡などが残り、歴史館には各種資料が展示されている。 展望露天風呂に浸かり、頭上を見上げれば吸い込まれそうなほどの満天の星。厳しい戦国の世を生きた真田氏も、戦いの合間にこの美しい星空を見上げただろうか。いにしえに思いを馳せながら、のんびりと温泉を楽しむのも一興。

あずまや温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、婦人病、冷え性

日本百名山に名を連ねる四阿山の中腹約1500mに佇む一軒宿「あずまや高原ホテル」に湧く温泉。露天風呂の周囲には囲いもなく、天気の良い日には雲海南に浅間山、美ヶ原高原に北アルプスと大パノラマを一望できる。夜はこぼれんばかりの満天の星の下で湯浴みを楽しめる、まさに大自然に抱かれた“絶景の湯”。弱アルカリ性の泉質は神経痛やリウマチ、筋肉痛に効能があり、身体を芯からポカポカに温めてくれる。高原の一軒宿ならではのロケーションを贅沢に味わいながら、良湯にじっくりと浸かりたい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県上田市真田町長

アクセス

  • でお越しの方

    上田菅平ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    上田駅からタクシーで約45分

このサイトをシェアされたい方はこちら