• このページをシェア

いいざか飯坂温泉

松尾芭蕉も立ち寄った「奥州三名湯」の1つ

鳴子、秋保とともに「奥州三名湯」に数えられる、東北屈指の温泉地。2世紀には日本武尊が東征の時に、1689年には松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる古湯だ。その日本武尊や松尾芭蕉も浸かった「鯖湖湯」は飯坂温泉のシンボル。 明治22年に建築された旧鯖湖湯は日本最古の木造建築共同浴場だったが、平成5年に改築。旧鯖湖湯を忠実に再現した現在の鯖湖湯には、与謝野晶子が「我浸る寒水石の湯槽にも 月のさし入る飯坂の里」と詠んだ“寒水石”も再利用されている。 他にも昔からの共同浴場が8軒揃い、今も昔も地元の人たちや観光客の憩いの場として親しまれている。

飯坂温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、疲労、冷え性、皮膚病

摺上川沿いを中心に大小さまざまな温泉旅館が立ち並ぶ温泉地。2000年の歴史を持つ「鯖湖湯」をはじめ、9つの共同浴場が軒を並べる。お湯は昔からの風習で少し熱め。共同浴場をめぐって、地元の人たちとの交流を図れば旅情緒も高まる。近くには道路沿いに果物畑が広がる「フルーツライン」。さくらんぼや桃などの四季折々の果物狩りも楽しめ、“果物王国”福島の味覚を心ゆくまで堪能できる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

福島県福島市飯坂町

アクセス

  • でお越しの方

    福島飯坂ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    福飯坂温泉駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら