電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

あかがわ

大分県

赤川温泉の基本情報

  • 【赤川温泉】高原リゾートに湧く、国内有数レベルの硫黄泉

    【赤川温泉】高原リゾートに湧く、国内有数レベルの硫黄泉

  • 【赤川温泉スパージュ】久住高原を眺めながら本場韓国家庭料理を味わうことができます。

    【赤川温泉スパージュ】久住高原を眺めながら本場韓国家庭料理を味わうことができます。

高原リゾートに湧く、国内有数レベルの硫黄泉

久住山の南麓、標高600?900mに位置する久住高原に湧く温泉地。赤川谷奥の10数箇所で源泉が自然に湧出している。辺りは、樹木が生い茂り草花が咲きほころぶ自然の豊かさに恵まれ、静かで穏やかな環境。見上げれば聳え立つ久住山、遠くには阿蘇五岳も望み、広大な高原の開放感とひっそりとした秘境の雰囲気をも感じられる。春から冬にかけて、季節の色に染め変えられていく景観が感動的なほどに美しく、旅人の心を躍らせ優しく癒す。温泉宿の近くには、かつて僧侶や修験者の「行者滝」と呼ばれていた「雄飛の滝」もある。

赤川温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

赤川温泉の特徴

硫黄分を多く含み白濁したお湯で、青みがかかった美しい乳白色をしているのが特徴。泉質は硫黄泉で、アトピー性皮膚炎にも良いとされている。鎌倉時代初期に発見されたと伝えられており、古くは「くされ湯」と呼ばれていた。これは、昔「できもの」をくされと読んでいたため、そのくされに効能があることに由来しているものとされ、古くから皮膚に良いとされ親しまれていたようだ。

特徴
にごり(乳白色)
泉質
塩化物泉、硫黄泉
効能
神経痛、筋肉痛、胃腸病、冷え性、皮膚病、打撲、糖尿病、美肌

赤川温泉の住所・アクセス

大分県竹田市久住町久住
車でお越しの方
九重ICから車で約50分
電車でお越しの方
豊後竹田駅からバスで約45分、その後徒歩で約30分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする