"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

宿・ホテル名
    電話で予約 8:50〜21:00
    0570-009-906
    クーポン 予約照会・キャンセル
    新規会員登録 ログイン
    電話予約

    【東北】秘湯感あふれる温泉地ランキング

    ゆこゆこネット利用者の声から「秘湯」を基準に東北のオススメの温泉地をご紹介。珍しい泉質を楽しめる穴場の温泉地から、山奥にひっそりたたずむ温泉地まで、知る人ぞ知る温泉地がランクイン。
    更新日:2024/7/2

    秋田県 鶴ノ湯温泉

    秘湯度

    4.9 (全11件)

    乳頭温泉郷の一つで、ブナの原生林に囲まれた中に湧いている温泉地だ。旅館「鶴の湯温泉」と、その別館である「山の宿」がある。発見は江戸時代とされ、乳頭温泉郷でもっとも古くからある温泉場といわれている。1708年に鶴が傷を癒している所を発見されたことから「鶴の湯」と呼ばれるようになった。「鶴の湯温泉」の混浴露天風呂が今日の秘湯ブームの火付け役となったといわれている。秋田藩の佐竹義隆も湯治に訪れたことがあり、本陣という建物があるのはその名残である。この本陣は2010年に登録有形文化財に登録された。築100年を超す茅葺きの建物はどこか気持ちになる懐かしい風景が広がる。


    鶴ノ湯温泉

    秘湯度

    4.9(全11件)

    福島県 野地温泉

    秘湯度

    4.8 (全6件)

    福島市街地から南西約20km、吾妻山と安達太良山の鞍部を通る土湯峠、三角錐の稜線を見せる鬼面山の中腹に湧き出す温泉地。山麓の土湯温泉と、土湯峠に点在するいくつかの温泉とともに土湯温泉郷を形成している。冬の間休業することが多い近くの温泉に対して、通年営業可能な峠道沿いの立地で、「福島駅」からの送迎バスも出ており交通の便も悪くない。温泉地の中心となるのは、瀟洒な佇まいを見せて高原リゾートの趣き漂う白亜の一軒宿「野地温泉ホテル」。安達太良山の登山口、幕滝、土湯峠湿原といった自然豊かな観光スポットがほど近い。


    野地温泉

    秘湯度

    4.8(全6件)

    野地温泉の人気宿

    秋田県 休暇村乳頭温泉郷

    秘湯度

    4.8 (全14件)

    十和田八幡平国立公園に位置する四季の美しいブナ林にたたずむ温泉地だ。「休暇村乳頭温泉郷」は、秘湯のムードが漂う乳頭温泉郷の他の宿に比べ、最も近代的なホテルらしい建物「休暇村乳頭温泉郷」が一軒あるのみ。施設のフロントでは、乳頭温泉郷内の七湯をめぐることが出来る「湯めぐり帖」を販売している。七湯すべてめぐれば万病に効くと言われている。近くには日本百景に選ばれた、日本で最も深い湖「田沢湖」がある。田沢湖を周遊する遊覧船では名勝・御座石やたつこ像をめぐり、船内ではたつこ姫伝説を聴くことが出来る。美しいブルーの湖面と黄金に輝くたつこ像を見つけたらぜひシャッターを押したい。


    休暇村乳頭温泉郷

    秘湯度

    4.8(全14件)

    福島県 檜枝岐温泉

    秘湯度

    4.6 (全7件)

    会津鉄道「会津高原尾瀬口駅」から車で約75分。福島県の西南、尾瀬、会津駒ケ岳が有名な山岳観光地にある檜枝岐村にある温泉地。周囲は山々に囲まれ、海抜約1000m近い高冷地のため、夏はとても 涼しく快適な環境。 冬の降雪も早く、ウインタースポーツが盛んに行われ、オールシーズン保養温泉地として賑わいを見せる。その昔、檜の産地であったことからその名が付けられた檜枝岐村。 古い歴史を今も色濃く残し、その伝統芸能である「檜枝岐歌舞伎」は特に有名で、重要無形文化財にも指定されている。伝統ある歌舞伎を鑑賞した後、大自然に囲まれた秘境の趣きを醸し出す温泉に浸かれば、温泉情緒はさらに豊かなものとなるだろう。


    檜枝岐温泉

    秘湯度

    4.6(全7件)

    檜枝岐温泉の人気宿

    山形県 肘折温泉

    秘湯度

    4.5 (全17件)

    出羽三山のひとつに数えられる月山の麓から流れる銅山川沿いに、共同浴場や温泉宿が立ち並ぶ。温泉街一帯には、遥か昔に湯治場として栄えていた当時の様子を偲ばせるような、ひなびた雰囲気が漂う、趣きのある景観が魅 力。 長い年月を経て愛されてきた肘折の湯にまつわる名所も点在しており、名所を巡るのも楽しみのひとつ。例えば、肘折温泉を発見した老僧が住んでいたと伝えられている「縁結び地蔵倉」や、この地に歌を残した斎藤茂 吉の歌碑、源泉が噴出するドームがある源泉公園など。 さらには、温泉療養相談ができる入浴施設を設けた肘折温泉の観光情報センターや、大蔵村の食文化を新旧織り交ぜて紹介する施設もあり、初めて訪れる人にも優しい。


    肘折温泉

    秘湯度

    4.5(全17件)

    肘折温泉の人気宿

    秋田県 玉川温泉

    秘湯度

    4.5 (全18件)

    十和田八幡平国立公園内にある湯治場として発展した温泉地。十和田八幡平国立公園に指定される八幡平は、岩手と秋田の県境に広がる雄大な自然スポットだ。園内には原生林が広がり、新緑や紅葉の景色が素晴らしく、冬はスキー天国としてにぎわいを見せる。通年楽しめるリゾート地として人気だが、楯状火山地形アスピーテで今もなお火山現象が起こり、湿原が点在するという荒々しい一面も。 温泉地は八幡平の西方にある泥火山・焼山の海抜約740mに位置し、道中にある毛せん峠付近は、ガンコウランやコケモモ、ハイマツなどの緑が満ちあふれ、山頂付近の荒涼とした火山地形とは対照的だ。焼山山麓に足を踏み入れると、硫黄臭に包まれ、岩肌に小さな露天風呂が点在するのが見える。1680年に発見された当初は硫黄採掘場として開発されていたが、明治時代になって湯治場として発展したとか。 宿は一軒宿で他の温泉地や観光地と異なり、療養と静養を目的とした湯治宿になっている。ダイナミックな大自然の中、本気で身体を癒したい人にぜひおすすめしたい。


    玉川温泉

    秘湯度

    4.5(全18件)

    岩手県 瀬美温泉

    秘湯度

    4.4 (全5件)

    秋田自動車道「北上西IC」から車で約10分、東北自動車道「北上江釣子IC」から車で約20分、夏油川沿いに位置する一軒宿の温泉地。大自然豊かな山間のロケーションはまさに秘湯といった雰囲気を醸し出す。 一軒宿である「桐の花・山吹の花」では、三種類の源泉の六つの天然温泉を愉しむことができ、温泉ファンに人気だ。近辺には北上カントリークラブや夏油高原スキー場など、レジャースポットも充実。 春は山菜採り、秋はきのこ狩りと、四季折々の美しい自然に親しめる点にも人気が集まっている。大自然のもとでレジャーを楽しんだ後は、三種類の源泉が心地良く疲れを癒してくれるだろう。


    瀬美温泉

    秘湯度

    4.4(全5件)

    瀬美温泉の人気宿

    宮城県 青根温泉

    秘湯度

    4.3 (全6件)

    「青根なる大湯の中に我が倚(よ)るは昔伊達衆の倚りし石段」。大正10年、夫の鉄幹とともに訪れた与謝野晶子が歌に詠んだ、青根御殿を中心に佇む温泉地。 蔵王連峰のひとつ花房山の中腹、仙台平野から太平洋までを望む標高約800mの山中に、中小規模の宿が5軒ほどひっそりと寄り集まっている。かつては仙台60万石の藩主伊達家の保養所かつ隠し湯であったと伝えられ、御殿湯の品格と武士の湯治場としての素朴な味わいを今に残す。 多くの文人、芸術家にも愛され、歴史小説家の山本周五郎が傑作『樅の木は残った』を執筆した青根である。


    青根温泉

    秘湯度

    4.3(全6件)

    青根温泉の人気宿

    岩手県 鉛温泉

    秘湯度

    4.3 (全25件)

    花巻市西部、豊沢川沿いに位置する花巻南温泉峡の一つに数えられる温泉。一軒宿「藤三旅館」で入ることができ、開湯は約600年前と伝えられている。宿主藤井家の遠祖が高倉山麓で木こりをしている時、岩窟から出てきた一匹の白猿が桂の木の根元から湧き出す泉で手足の傷を癒しているのを発見。 その後、「白猿の湯(俗名 桂の湯)」として一族が天然風呂として用いるようになったのが始まりとか。現在は、観光目的としてはもちろん、自炊部を持つ湯治場としても利用されている。作家・田宮虎彦が滞在し小説『銀心中』の舞台となったり、宮沢賢治の童話『なめとこ山の熊』では「腹の痛いものにも利けば傷もなおる鉛の湯…」とうたわれた名湯。 温泉郷の「郷」の字が「峡」と表記されているが、それは豊沢川沿いの峡谷にあるからだとか。温泉峡の中でも奥地に位置する、文学の薫り漂う峡谷の秘湯として人気を呼んでいる。


    鉛温泉

    秘湯度

    4.3(全25件)

    山形県 白布温泉

    秘湯度

    4.2 (全9件)

    米沢市街から南に15㎞ほど、標高約850mの吾妻連峰中腹に、森閑とした深い山々と大樽川の渓谷清流がせまる“仙境の湯治場”。江戸時代から続く老舗旅館や茅葺き屋根の建物が古風で重厚な姿を見せ、軒を連ねる旅館や土産物屋が温泉街を形成する。 その郷愁を誘う風情は、まさに開湯700年の風格。また、温泉街の中心近くの渓谷には、落差約50mの美しい名瀑「白布大滝」が迫力満点に流れ落ちる。夜は4基6灯のサーチライトが渓谷の崖をライトアップ。 静まり返った山々に響く滝の音と清流のせせらぎが、神秘的で「仙境」の名にふさわしい空間を作り出す。食卓に供される心づくしの旬の山菜やイワナの味わいも魅力。古き湯治場の素朴さと懐かしさを実感できる湯の里だ。


    白布温泉

    秘湯度

    4.2(全9件)

    ゆこゆこナビゲーターへ
    お気軽にご相談ください。

    ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

    • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
      ※17時以降および土日は特に混み合います。
      ※一般の固定電話から3分8.5円、携帯電話から
      20秒10円の通話料金がかかります。 ※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
      050-3851-2799をご利用ください。

    このページをシェアする