"気軽に、お得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00

050-3851-0165

ようこそ ゲストさん

電話予約

【全国】夫婦・カップル旅行におすすめの温泉地ランキング

ゆこゆこネット利用者の声から「夫婦・カップル旅行」にオススメの全国の温泉地をご紹介。定番の人気温泉地はもちろん、カップル・夫婦水入らずでゆっくり楽しめる温泉地がランクイン。
更新日:2022/12/2

岐阜県 新穂高温泉

総合満足度

5.0 (全10件)

北アルプスに囲まれた奥飛騨温泉郷の中でも、最も奥に位置する大自然の中の温泉地。標高約1000mを超える場所に広がる清清しい高原温泉だ。川底から源泉が湧き出る蒲田川の川沿いに温泉街が広がり、まさに“日本のふるさと”といった山里ならではの郷愁誘う風情が漂う。 一方で、白樺林の中にホテルやペンションが建ち並び、リゾートムードもたっぷり。温泉街の奥には「新穂高ロープウェイ」の発着駅があり、昔から北アルプス槍ヶ岳・穂高岳の登山基地として親しまれてきた。「日本の屋根」とも謳われる北アルプスのパノラマは圧巻。 大自然の威力を目前に佇めば、心が大きく強くなっていくのを確かに感じられるはずだ。


新穂高温泉

総合満足度

5.0(全10件)

新穂高温泉の人気宿

鹿児島県 垂水温泉

総合満足度

5.0 (全5件)

桜島の見える垂水市の温泉地。鹿児島市内からフェリーで40分ほどの場所だ。垂水港に近く、開聞岳や桜島を望むことができる風光明媚な温泉地でもある。垂水温泉は複数の温泉の総称で、入浴施設によって泉質も効能も異なる。温泉と共に楽しめる観光地としては千本のイチョウが植えられている「垂水千本イチョウ園」が知られている。また、近くにある「道の駅たるみず」では、目の前に桜島と錦江湾、霧島連山などの絶景を見られる。また、垂水で水揚げされた鮮魚を味わえるレストランも併設されており、美しい景色と美味しい海の幸を楽しめる。ゆっくりと休暇を取り、垂水温泉を巡りながら垂水の美しさや楽しさに触れてみてはいかがだろうか。


垂水温泉

総合満足度

5.0(全5件)

垂水温泉の人気宿

兵庫県 淡路島うずしお温泉

総合満足度

5.0 (全7件)

淡路島の南端に位置する南あわじ市は、イザナギとイザナミが最初に作ったのが淡路島といわれる国生み伝説の舞台ともなっている。鳴門海峡のうず潮は特に有名で、大潮時の直径約30mは世界一、時速約20㎞は日本一と もいわれており、その迫力には思わず息をのむ。 また、紀伊水道に育まれた海の幸も絶品だ。南あわじ市には6つの源泉があるが、淡路島うずしお温泉は淡路島では他にないナトリウム炭酸水素塩泉。特に炭酸イオン水素の 含有量は「日本三大美人の湯」の約4倍以上である404㎎と引けをとらない。 肌の角質を優しく落としツルツルになると女性客のリピーターも多い。新鮮な海の幸を堪能し、美肌の湯につかり自分磨きを満喫したい。


淡路島うずしお温泉

総合満足度

5.0(全7件)

淡路島うずしお温泉の人気宿

島根県 出雲湯村温泉

総合満足度

5.0 (全5件)

中国横断道・尾道松江線「三刀屋・木次IC」より国道314号経由にて約70㎞、ヤマタノオロチが棲んでいたと伝えられる斐伊川の中流に1200年以上も湧き続ける古湯。 春の見事な吉野桜、夏の蛍や河鹿蛙、秋の紅葉、冬の雪明りと四季折々の景観美に溶け込むように温泉宿と共同浴場が建ち、大自然と湯に癒される湯治場として人気が高い。また、静かな山の風情は多くの文化人にも好まれた。 明治期の画家・田能村直入や岡本黄石などが長期にわたって滞在し、多くの作品を残していったという。周囲には、「温泉神社」をはじめ「八俣の大蛇公園」や「八本杉」など奥出雲の神話が今に息づく神秘的なスポットも点在。


出雲湯村温泉

総合満足度

5.0(全5件)

出雲湯村温泉の人気宿

岩手県 八幡平温泉郷

総合満足度

5.0 (全6件)

十和田八幡平国立公園の八幡平周辺に位置する温泉リゾート。四季折々の景色を眺めながら、ほのかに芋生の香り漂う温泉を満喫できる、ホテルやペンションなどの宿泊施設が充実。トレッキングの拠点としても便利。 中でも紅葉が見事で、秋には幻想的な光景が広がる。頂上付近へとのびる「八幡平アスピーテライン」は、標高ごとに景色が変わるドライブコースとして人気。冬季は通行止になるが、4月下旬の開通時には数mにもなる「雪の回廊」を楽しめる。 近場には東北屈指の規模を誇る八幡平リゾートスキー場があり、冬季には多くのスキー客も訪れる。


八幡平温泉郷

総合満足度

5.0(全6件)

八幡平温泉郷の人気宿

長野県 七味温泉

総合満足度

5.0 (全5件)

七味温泉は、長野県上高井郡高山村の温泉。その名の如く7つの源泉からなる乳白色の湯が特徴。それぞれの旅館にある露天風呂からは四季の風情が味わえる。七味温泉は昔7つの源泉があり1つ1つがちょろちょろ流れていた。それを湯船に集め温泉にしていたそう。今は掘削で2本の源泉があるが、昔の人は七味唐辛子の7つを混ぜるところから由来が来ているのではないかと伝えられている。 温泉の色はその日の気温などで変わり主にエメラルドグリーンや乳白色になる。1889年に開業したこの地の旅館は湯治を目的とした自炊客で賑わったそう。現在は2軒の旅館が営業している。


七味温泉

総合満足度

5.0(全5件)

岩手県 山の神温泉

総合満足度

5.0 (全9件)

JR花巻駅から岩手県交通バス新鉛温泉行きで約35分、東北道「花巻南IC」から県道12号経由で約13㎞。「山の神温泉」は宮沢賢治で有名な花巻の地に湧く東北地方有数の花巻温泉郷の一つ。 豊沢川の渓流を望む、広大な敷地に立つ「優香苑 (旧 幸迎館)」が一軒宿の温泉で、四季折々の景色を堪能できる開放的な露天風呂がとても癒されると評判が高い。四種の源泉を贅沢に使用した源泉かけ流しの天然温泉はまるで化粧 水のようなとろみを帯びている。 名前の由来は、山の神様を祀っていると崇められる「山?(やまずみ)神社」があることから、山の神様が居る地に湧いた温泉であることから名付けられたとか。宮沢賢治が愛した花巻の夜空を見ながらの湯浴みは、また格別だ。


山の神温泉

総合満足度

5.0(全9件)

山の神温泉の人気宿

和歌山県 湯の峰温泉

総合満足度

5.0 (全7件)

四村川の支流・湯の谷川沿いに宿が並ぶ閑静な温泉街。街の中心に位置する湯元橋のたもとには源泉の湯筒があり、ほのかに硫黄の香り漂う湯煙が上がっている。湯温およそ92℃の湯筒は地元の人が野菜などを茹でるのに利用しており、観光客も温泉卵などを作ることができる。湯筒の側にあるのは一般湯、くすり湯などからなる「湯の峰温泉公衆浴場」。 くすり湯は高温の源泉に水を加えることなく自然に冷ましたもので、まさに手つかずの湯を楽しめる。浴場の隣にある「東光寺」には湯の花が化石となってできたと伝えられる本尊の薬師如来が安置されている。 高さ約3mの薬師如来の胸のあたりから湯が湧きだしていたことから、「湯胸薬師(ゆのむねやくし)」と呼ばれ、その名が当地「湯の峰」の由来になったとか。熊野参詣の際に身を清める湯垢離場(ゆごりば)として古くから多くの人に愛されてきた温泉。その思いは今なお脈々と受け継がれている。


湯の峰温泉

総合満足度

5.0(全7件)

湯の峰温泉の人気宿

栃木県 馬頭温泉

総合満足度

5.0 (全8件)

那珂川の清流に寄り添うように続く那珂川町(旧馬頭町)に湧く温泉、馬頭温泉郷。アルカリ性単純温泉が湧出するメインの泉質で、“美人の湯”とも称されます。 日帰り入浴施設で気軽に温泉を楽しむこともでき、多くの温泉は西向きで、夕刻になると紅く揺れて沈む夕日を眺められるため、『夕焼け温泉郷』とも呼ばれています。 美肌効果の高い泉質と自然豊かな環境に惹かれ、リフレッシュ目的で訪れる観光客が後を絶たない。。代表的な名産はそば。地元で採れたそば粉から丹念に打たれたそばは、喉越し爽やかな細麺。点在するそば屋に立ち寄って、自慢の味を食べ比べてみるのも楽しい。


馬頭温泉

総合満足度

5.0(全8件)

馬頭温泉の人気宿

和歌山県 すさみ温泉

総合満足度

5.0 (全7件)

すさみ湾に面した約27㎞のリアス式海岸にある温泉地。枯木灘や沖の黒島・陸の黒島、自然が造り上げた岩礁を境に二手に分かれた波が再び出合う婦夫波(めおとなみ)など、風光明媚な名所が満載で観光客を飽きさせない。 本州最大のテーブルサンゴが見られる絶好のダイビングエリアとしても知られ、年間を通して多くのダイバーが訪れる。 山あいに目を転じれば、世界遺産に登録された熊野古道大辺路『長井坂』、琴の滝、雫の滝などの景勝地が点在し、各所で雄大な自然を満喫できる。観光やダイビングで疲れた体を名湯で癒した後は、すさみ自慢の海の幸に舌鼓。


すさみ温泉

総合満足度

5.0(全7件)

すさみ温泉の人気宿

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込) ※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-2799をご利用ください。

このページをシェアする