• このページをシェア

えちごゆざわ越後湯沢温泉

川端康成の「雪国」の世界が広がる温泉地

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。有名な書き出しで始まる川端康成の「雪国」。JR上越線で水上方面から新潟へ向かうと、湯沢へつながる清水トンネルへさしかかる。 トンネルを抜ける瞬間、明るくなった視界に広がるのは川端康成が描いた真っ白な“雪国”の世界。1076年には温泉があったと伝えられており、明治時代には4件の湯治宿があったとか。雪深い秘湯だったのを全国的に有名にしたのが、名作「雪国」だ。 現在も川端康成が執筆した部屋が保存され、公開されている(雪国の宿 高半)。また、湯沢は日本一といわれる魚沼産コシヒカリの産地。おいしいお米と地酒に昔からの温泉で、日本の文化をかみ締める。

越後湯沢温泉の宿一覧(14件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、疲労、婦人病、胃腸病、美肌など

1000年以上の歴史を持ち、江戸時代にはすでに湯治場としての記録が残る古湯。JR上越線の開通により昭和6年から温泉の掘削を開始し、翌年から次々と温泉の掘削に成功。しかし、上越新幹線の着工とともに湧出量が3分の1に減少。現在では、町が温泉集中管理を行っている。6軒揃う共同浴場の中、「山の湯」は川端康成が通ったともいわれる自然湧出の温泉。また湯沢湯本温泉では、アルカリ濃度の強い“たまごの湯”が楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

新潟県南魚沼郡湯沢町

アクセス

  • でお越しの方

    湯沢ICから車で約5分

  • 電車でお越しの方

    越後湯沢駅から徒歩約1分

このサイトをシェアされたい方はこちら