• このページをシェア

たかせ高瀬温泉

にぎやかな活気あふれる県境の温泉街

日本海へ流れる荒川の清流沿いに点在する4つの温泉郷からなる「えちごせきかわ温泉郷」のひとつ。古くは米沢街道を行き交う人々が集う宿場街として栄え、現在は土産物屋や小料理屋が建ち並び活気あふれる温泉街だ。 周辺には高瀬公園や水戸浪士関鉄之助記念碑、薬師堂などの見所が点在。山々と清流に囲まれた豊かな自然環境も大きな魅力。荒川沿いの渓谷は県内屈指の紅葉の名所として知られ、奇岩が織りなす迫力ある渓谷美も見逃せない。 春になると満開の桜で彩られる川沿いの堤も絶景だ。名物は、地元で採れた山菜にキノコ、そしてイワナ、アユ、カジカなどの川魚。澄んだ空気の中、自然を愛でながら味わえばおいしさも倍増するに違いない。

高瀬温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫酸塩泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、糖尿病など

約300年前に開湯したといわれる歴史長き温泉。河原の窪みに湧き出す湯で傷を癒す鷹を発見したことから「鷹瀬の湯」の名が付き、転じて「高瀬温泉」になったと伝えられている。リウマチ、胃腸病、神経痛などに効能のある源泉は、湯量豊富で身体を芯からぽかぽかに温めてくれる名湯。昼間は賑わう温泉街も、夜になれば静けさが際立ち、川の流れる音が響き渡るのみ。川沿いの風呂に浸かっていると、心がしんと鎮まり、日常の喧騒が遥か遠い出来事のように感じられてくる。豊かな自然と湯をたっぷり味わい、身体いっぱいに明日への活力を補給したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

新潟県岩船郡関川村高瀬温泉

アクセス

  • でお越しの方

    新潟西ICから車で約30分

  • 電車でお越しの方

    下関駅からタクシーで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら