• このページをシェア

あかくら赤倉温泉

妙高の霊泉を「温泉ソムリエ」と共に享受する

野趣あふれる岩石約3万個に囲まれた公共大野天風呂「滝の湯」。見上げれば、日本百名山の一つ「妙高山」。別名“須弥山(しゅみせん)”の明峰の麓、標高約800mの場所に妙高高原最大の赤倉温泉が広がる。 「滝の湯」から下る坂道沿いに大型ホテルからペンション、民宿や温泉まんじゅう香るお土産屋などが温泉街を形成。美しい自然と夏の避暑、冬のスキーで明治以降は文化人や財界人の別荘地として発展した。 日本近代美術の祖、岡倉天心が終焉の地を求めたことでも有名。近年では、旅館組合が認定する「温泉ソムリエ」の活動が話題に。温泉の基礎知識を持ったソムリエが、正しい入浴法をアドバイスしてくれる。

赤倉温泉の宿一覧(5件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 炭酸水素塩泉、硫酸塩泉
効能 リウマチ、疲労、動脈硬化、皮膚病、美肌など

古代から“須弥山(しゅみせん)”との異名を持つ妙高山に湧き続ける霊泉。親鸞上人が霊眼により湯の存在を悟り、人々に知られるようになったとか。江戸時代、高田藩の事業として妙高山の「北地獄谷」から引き湯したのが赤倉温泉の始まりといわれる。源泉温51.1℃の湯が、温泉街まで数キロ続く配管の中で42℃前後の絶妙な湯加減になる。「傷の湯」「肌美人の湯」と称される名湯を「温泉ソムリエ」のアドバイスの下、じっくり堪能したい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

新潟県妙高市赤倉

アクセス

  • でお越しの方

    妙高高原ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    妙高高原駅からバスで約20分

このサイトをシェアされたい方はこちら