• このページをシェア

さどがしましいざき佐渡島椎崎温泉

東に日本海、西に大佐渡。雄大な眺望と日本海の幸

佐渡の表玄関として、政治・経済・交通の中心地である両津。新潟からのフェリーの発着場でもある両津港より車で約5分ほど走ると、加茂湖畔の高台に佇む温泉地へ到着する。日本海の水平線や朝日、大佐渡の山々を背景にきらめく加茂湖の眺望が見事。 また忘れてはならないのが、島ならではの美食の数々だ。佐渡名物のイゴネリやおけさ柿はもちろん、夏はアワビにサザエ、秋はズワイガニ、冬は南蛮エビと、そこはまさに食の宝庫。 さらに少し足を延ばせば、並んだ亀に見える島「二ツ亀」で有名な外海府海岸や、島のほとんどを眼下におさめるドンデン高原など見どころが満載。観光の拠点として、年間を通じて多くの旅人が立ち寄る温泉地だ。

佐渡島椎崎温泉の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病など

その昔、朱鷺(トキ)が傷を癒したとの言い伝えが残る住吉温泉を引き湯。やわらかく肌にすっとなじむような感触が特徴で、保湿効果にもすぐれた良質の温泉を楽しめる。また、加茂湖畔の高台に佇む温泉地からは、東に両津湾、西に加茂湖を一望。さらに大佐渡・小佐渡の山々を見渡す眺望が、佐渡の旅をより一層豊かなものにしてくれる。島屈指の温泉地として人気を集めている。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

新潟県佐渡市原黒

アクセス

  • でお越しの方

    両津港から車で約5分

  • 電車でお越しの方

このサイトをシェアされたい方はこちら