• このページをシェア

せなみ瀬波温泉

夕日と雪景色が日本海の旅情を高めるいで湯

瀬波を訪れた歌人・与謝野晶子は、1泊の逗留中に45首もの歌を残した。風光明媚な海景色、雄大な水平線に沈む夕日に越後の山並み。中でも日本海の冬景色が、与謝野晶子の旅情をより一層かきたてたとか。 新潟県北部、越後で最も古い城下町として知られる村上市。武家屋敷や堀の跡、大工町や細工町といった昔ながらの町名が、かつての城下町風情を今に伝える。市の中心部から車で約7分ほど行くと、白砂青松の美しい海岸沿いに旅館やホテルが立ち並ぶ温泉街が姿を現す。 江戸時代には世界初の鮭の人工孵化と放流を成功させたほど、鮭漁が盛んな地域だ。地元に伝わる鮭料理の数々は100種を超えるといわれ、こだわり抜いた本場の味わいが絶品。

瀬波温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、関節痛

明治37年、石油掘削中に熱湯が噴出したのが始まりで、2004年には開湯100周年を迎えた歴史ある温泉。豊富な湯量と、92℃で湧き出す源泉温の高さが特徴だ。おすすめは冬の旅。しんしんと降る雪、一面の雪景色に立ち上る湯けむり。冷え切った体を高温の湯に沈めた瞬間、その気持ちよさに思わず唸ってしまう。海を見渡す露天風呂では、舞う粉雪と水飛沫を上げる荒波が冬の日本海を演出。湯上りには蟹やブリ、甘エビなど鮮度抜群の海の幸が待っている。もちろん、夏の穏やかな凪の水平線に沈む夕日も絶景。湯の町として、城下町・村上の観光拠

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

新潟県村上市瀬波温泉

アクセス

  • でお越しの方

    神林岩船港ICから車で約10分

  • 電車でお越しの方

    村上駅から車で約10分

このサイトをシェアされたい方はこちら