鵜の浜温泉(うのはまおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

道の歴史館のイメージ画像  

道の歴史館

江戸時代の関所の様子が生き生きと蘇る

全国に53あった関所の一つ、関川の関所は、加賀前田候をはじめ越前、越中、越後の諸大名が参勤交替のため通ったこと、佐渡の金を運んだことで重関所とされていた。現在、関所は「道の歴史館」として復元されており、当時の様子が時代劇のセットのように生き生きと描かれている。

 
  • 住所:妙高市関川
  • TEL:0255-86-3280
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人 500円、小中学生 300円

いもり池のイメージ画像  

いもり池

妙高山の姿を映し出す水芭蕉の池

赤倉温泉から車で約5分の場所にある周囲500メートルほどの小さな池。名前の通り、イモリが多く生息し、4月下旬〜5月中旬に咲き誇る水芭蕉の群生が有名。湿生植物と白樺に囲まれた池を一周する遊歩道も整備されており、妙高山が水面に映し出される姿は絶景。

 
  • 住所:妙高市赤倉
  • TEL:
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

春日山城跡のイメージ画像  

春日山城跡

日本海までも見渡せる、戦国の歴史

現在は城郭こそ残っていないが、空堀、土塁などが当時の強固さをうかがわせる城跡。長尾為景が修築した後、上杉謙信が複雑な地形を利用して天下無双の山城とした。本丸跡からは頚城平野、日本海までを一望。若き謙信が禅修行と文武道を学んだ林泉寺も必見だ。

 
  • 住所:上越市大豆
  • TEL:025-543-2777
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

米と酒の謎蔵のイメージ画像  

米と酒の謎蔵

好みの一本を探したい、米どころならではの館

お米はどのようにして今の姿になったのか、酒はいかにして造られるのか、その歴史的な生い立ちから日本の米文化や酒文化にいたるまで楽しく学べる施設。米どころ・酒どころならではの銘柄展示や、きき酒師と語る試飲コーナーなど様々な体験もできる。

 
  • 住所:上越市三和区大867-1
  • TEL:025-532-4189
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円、高校生以下無料

かやぶき美術館のイメージ画像  

かやぶき美術館

日本の原風景に会える、歴史資料館

今や日本の文化遺産であり、貴重な民俗資料でもある「かやぶき」をテーマとした珍しい美術館。日本の原風景とも言える懐かしさが館内中にあふれている。かやぶきをモチーフにした画家・松苗一正による80点の絵画や、創作作家・江添治人による20点の立体模型も展示。近隣には、雪国の民家が実際に見学できる歴史民俗資料館もある。

 
  • 住所:上越市安塚区安塚804-4
  • TEL:025-592-2048
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人300円 、小中学生100円

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。