• このページをシェア

ひるがみ昼神温泉

日本一の星空の村にある山あいの閑静な温泉地

中央アルプス南端を流れる阿智川沿いに広がる山里の閑静な温泉地。約250年前の古文書に「近世温泉湧出して近郷の人湯治す」との記載がある古湯。その後、土砂崩れにより姿を消したが昭和48年、鉄道のトンネルを試掘中に再び湯が湧き出した。 以来、豊富な湯量と効能で年間60万人が訪れる大温泉地に成長。昼神温泉のある阿智村は、平成18年、環境省認定の「星が輝いて見える場所」第1位になっており、村の至る所で満天の星を眺めることができるため、ゆっくり泊まって星空も堪能したい。 自慢の温泉でのんびり過ごした翌日は、早起きをして昼神名物の朝市に出かけたい。毎朝6時から地元の人たちとの触れあいを楽しめる。

昼神温泉の宿一覧(9件)を見る

温泉の特徴

特徴 美肌
泉質 硫黄泉
効能 リウマチ、ねんざ、糖尿病、便秘

約250年前の古文書にも登場する伊那谷随一の名湯。低い泉温が多い一帯では珍しく、43℃の熱いお湯が湧出。浴用、飲用ともに効能が豊かで、独特のとろりとした肌触りの温泉は「美人の湯」としても有名。昼神の由来は、日本武尊が口に噛んでいた蒜を投げつけて山の神を退治したとか、天思兼命が天照大御神を岩戸の中から導き出し昼を取り戻させたという伝説が残る。古代伝説が残る土地が育んできた名湯でゆっくり寛ぎたい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県下伊那郡阿智村智里

アクセス

  • でお越しの方

    飯田ICから車で約18分

  • 電車でお越しの方

    飯田駅からバスで約35分。昼神温泉から下車して徒歩約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら