• このページをシェア

しぶ渋温泉

石畳に湯下駄を鳴らしながら厄除巡浴外湯めぐり

湯煙立ち上る石畳の温泉街を、浴衣に下駄でそぞろ歩く。そんな昔懐かしい温泉風景を堪能できるのが、ここ渋温泉だ。各宿に用意されている湯下駄を引っかけて、「厄除巡浴外湯めぐり」へ(宿泊客のみ入浴可)。 それぞれ泉質、効能が異なる9つの共同浴場をすべて巡れば、苦(九)労を流し厄除け、不老長寿にご利益があるとか。最後に高薬師へお参りして満願成就。石畳沿いには大正から昭和初期に建てられた3階建ての木造建築が並ぶ。 木と石からなる素朴な日本の原風景の中で、時計を外してのんびりと過ごしたい。

渋温泉の宿一覧(5件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 単純泉、塩化物泉
効能 神経痛、リウマチ、肝臓病、婦人病、胃腸病など

1300年ほど前に僧行基により発見された古湯。源泉も多く、湯量が豊富で泉質も多彩。9つの共同浴場も1番から順に初の湯=胃腸の湯、笹の湯=湿疹・疱疹・病後回復、綿の湯=皮膚病、竹の湯=通風、松の湯=神経痛・病後回復、目洗いの湯=眼病・美人の湯、七繰の湯=7回入浴で病気全快、神明滝の湯=婦人病・子宝、大湯=万病に効く仕上げ結願と効能が異なる。お湯も街並みも、本物の温泉に出会える。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県下高井郡山ノ内町

アクセス

  • でお越しの方

    練馬ICから車で約180分

  • 電車でお越しの方

    湯田中駅からタクシーで約5分

このサイトをシェアされたい方はこちら