• このページをシェア

のざわ野沢温泉

温泉が生活の中に息づく昔ながらの湯の町

立ち並ぶ土産物屋のあちこちから立ち上る“おやき”の湯気に、思わず足が止まる。スキー場も近く季節を問わず多くの観光客で賑わう野沢温泉。一方、温泉が生活の中に息づく姿が昔ながらの湯の町情緒を一層高めている。 13ある外湯(無料)は、江戸時代から住民が「湯仲間」制度で管理、維持してきた生活の場。村の天然記念物「麻釜(おがま)」の熱泉で山菜をゆでる光景は野沢温泉ならではの風物詩だ。 京の天王寺蕪が野沢の気候で突然変異を起こして誕生したという野沢菜の漬物は、「おはづけ」と呼ばれ昔から親しまれてきた。

野沢温泉の宿一覧(7件)を見る

温泉の特徴

泉質 硫酸塩泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、皮膚病、糖尿病など

新潟との県境、毛無山の山すそに広がる温泉地。行基上人発見説、修行山伏発見説、手負い熊発見説が残る歴史ある名湯。江戸時代に飯山藩主、松平氏が別荘を建ててから湯治場として多くの人が訪れるようになったという。38本の源泉から毎分1700Lのお湯が湧出。村が「地下水源保全条例」で地下水の採取を厳しく規制しているため、現在も自然湧出を保つ。少し熱めの100%天然温泉を、13カ所の外湯で心ゆくまで楽しみたい。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県下高井郡野沢温泉村

アクセス

  • でお越しの方

    豊田飯山ICから車で約25分

  • 電車でお越しの方

    飯山駅からバスで約25分

このサイトをシェアされたい方はこちら