電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

はなしき

群馬県

花敷温泉の基本情報

  • 【花敷温泉】源頼朝が“桜の花を敷き詰めたような”と詠んだ温泉地

    【花敷温泉】源頼朝が“桜の花を敷き詰めたような”と詠んだ温泉地

源頼朝が“桜の花を敷き詰めたような”と詠んだ温泉地

神秘的な「野反湖」や「暮坂峠」などの自然美に溢れる群馬県最北西部、長野・新潟県境に接する位置に2軒の湯宿がひっそりと佇む温泉地。「六合」と書いて「クニ」と読む珍しい地名は、明治時代、草津村から分かれた6つの大字が合わさってできた村であることに由来する。鎌倉時代に猪狩りのために訪れた源頼朝が発見したことで知られるが、この温泉を世間に認知させた人物として、若山牧水が有名。大正11年、この地を訪れた牧水は、素朴さの中にも風格が漂う山里の様子を、「ゆとね寝て、わかたち出づる山陰の、温泉の村に雪降りにけり」と味わい深く詠んでいる。

花敷温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

花敷温泉の特徴

「弱アルカリ性低張性温泉」と呼ばれる、無色透明のすべすべした単純温泉で、お湯はやわらかく、肌に優しい。源泉かけ流しのお湯は、温度が若干高め。わずかに鉱物臭を感じることがあるようだが、ほぼ無臭と言って良いだろう。美肌効果や神経痛、胃腸病や皮膚病など幅広い疾病に効果があるとされている。

泉質
硫酸塩泉

花敷温泉の住所・アクセス

群馬県吾妻郡六合村
車でお越しの方
渋川伊香保ICから車で約90分
電車でお越しの方
長野原草津口駅からバスで約35分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする