電話で予約 8:50〜21:00
電話予約

はやたろう

長野県

早太郎温泉の温泉・旅行情報

 

4.3(全3件)

中央アルプスに囲まれた自然豊かな温泉地

中央アルプスの主峰・木曽駒ヶ岳を望む標高約800mの駒ヶ根高原に広がる温泉地。天竜川の支流・大田切川沿い、約1200年の歴史を誇る信州五大名刹・光前寺の門前に宿が点在する。 名称の由来である「早太郎」とは、約700年前の鎌倉時代に光前寺で飼われていた山犬の名前。遠州府中(現:静岡県磐田市)に住んでいた化け物・老ヒヒとの死闘の末、これを退治したという「早太郎伝説」が残る。 また、美しい中央アルプスの山々に囲まれた周辺は、「市の木」にも選定されているカラマツなどの落葉樹が生育する高原リゾート。冬スキーや春スキー、そして夏には高山植物、秋には紅葉と、四季を問わず楽しめるのが魅力だ。

早太郎温泉の特徴

中央アルプス・駒ケ岳への玄関口、駒ヶ根高原に平成7年に湧出した新しい温泉。複数の源泉を持ち、まとめて「早太郎温泉郷」と呼ぶ。源泉が引かれているのは、10件ほどの旅館やホテルと2カ所の日帰り温泉施設「こまくさの湯」「露天こぶしの湯」。無色透明で臭いもなく、柔らかな肌触りの湯が特徴。肌がすべすべになる「美人の湯」としても評判だ。目の前に広がる山並みを眺め、清流の音を聞きながら温泉に浸かっていると、心休まるひとときが訪れる。

泉質
単純温泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛など

早太郎温泉の住所・アクセス

長野県駒ケ根市赤穂駒ケ根高原
車でお越しの方
駒ヶ根ICから車で約10分
電車でお越しの方
宮田駅からタクシーで約10分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

早太郎温泉のおすすめ宿

早太郎温泉のクチコミ

総合満足度

4.3

(全3件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
50代男性
訪問回数:
初めて
訪問・滞在の種別:
宿泊
同行者・目的:
夫婦・カップル旅行

 駒ケ根リゾートリンクスのバイキングも、最高でした。

評価ポイント

  • さらさら湯
  • 温泉街を散策できる
  • 静かな・落ち着いている
  • アクセスが便利
  • 近くに観光地がある
  • 近くにお店が充実

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする