• このページをシェア

ゆだなか湯田中温泉

小林一茶が愛した温泉情緒たっぷりの古湯

「やせがえる負けるな一茶これにあり」「雀の子そこのけそこのけお馬が通る」…。庶民の生活を詠み、弱い者の立場に立った句で今でも多くの支持を集める俳人・小林一茶。その一茶が愛した地が、ここ湯田中温泉だ。 長野盆地の東、志賀高原の入り口に広がる温泉地は、小さい昔ながらの宿が建ち並び素朴な温泉情緒がたっぷり。田んぼの中から湧き出る湯ということから「湯田中」という名前が付いたとか。 かつて共同浴場番付で「東の湯田中、西の道後」と並び称された「大湯」の前には一茶の句碑。「雪ちるや わき捨ててある 湯のけぶり」。

湯田中温泉の宿一覧(4件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫黄泉
効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、冷え性、皮膚病、糖尿病、美肌など

旧草津街道の宿場町、現志賀草津高原ルート沿いに広がる温泉地。天智天皇の時代、僧智由が発見したと伝えられる古湯。「大湯」をはじめ9つの共同浴場が軒を連ね、大湯以外は町民と宿泊客しか利用できない。源泉も多く、それぞれ泉質が少しずつ異なる。少し熱めのお湯は湯量豊富で、源泉かけ流しを楽しめる宿も。志賀高原の美しい自然を満喫した後は、のんびり湯浴みで疲れを癒す。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県下高井郡山ノ内町

アクセス

  • でお越しの方

    信州中野ICから車で約20分

  • 電車でお越しの方

    湯田中駅からすぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら