• このページをシェア

のりくらこうげんおんせん乗鞍高原温泉

真っ白な湯の花が有名な北アルプスの贈り物

北アルプス最南端の独立峰、乗鞍岳。この美しいシルエットが人気の明峰の裾野、標高約1500mに広がる乗鞍高原に150以上の宿泊施設、観光施設が集い一大温泉リゾートを形成している。北アルプスがもたらすのは 、乳白色の名湯。 乗鞍岳中腹、湯川上流の河原にある源泉は、昭和9年頃にはすでに湯の花採取が盛んに行われていたとの記録が残る。乗鞍高原への引き湯に成功したのが、昭和51年。距離約7㎞、高低差544mを乗 り越え、毎分1500Lの豊富な湯が届くようになった。 源泉は、大量の硫化水素ガスが発生するため入浴禁止。湯舟の底に溜まった真っ白な湯の花を見ていると、雄大な大地からの贈り物と先人たちの努力に、心の底から感謝したくなる。

乗鞍高原温泉の宿一覧(2件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(乳白色)
泉質 硫黄泉
効能 神経痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、婦人病、冷え性、高血圧、動脈硬化、皮膚病、打撲、糖尿病、水虫

特有の硫黄の香りと強い酸性を誇る乳白色の名湯。硫黄分が酸素に触れて固形化することで湯が白濁するといわれ、湯舟の底に溜まる豊富な湯の花は代表的なお土産の一つ。貴金属が一瞬にして変色するほどの強い酸性泉で、殺菌力が強く皮膚病やアトピーに効能がある。しかし、目に入ると痛いので洗顔は避けたほうが賢明。毛穴を刺激し新陳代謝を活発化するため湯冷めしにくいと評判の湯は、高原の冷んやりした風を感じながらの湯浴みがおすすめだ。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

長野県松本市

アクセス

  • でお越しの方

    松本ICから車で約60分

  • 電車でお越しの方

    新島々駅からバスで休暇村停留所下車すぐ

このサイトをシェアされたい方はこちら