"気軽にお得に。
平日、何度もお出かけ"

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

ようこそ ゲストさん

電話で予約 8:50〜21:00
0570-009-733 0570-009-433

※一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

電話予約

ノザワ

長野県

野沢温泉の基本情報

 

4.6(全47件)

  • 外湯をはじめ、温泉が生活の中に息づく昔ながらの湯の町

    外湯をはじめ、温泉が生活の中に息づく昔ながらの湯の町

  • 【和会席】信州サーモンや山菜など地元食材を使用した料理長こだわりの会席

    【和会席】信州サーモンや山菜など地元食材を使用した料理長こだわりの会席

  • 【露天風呂/瑠璃の湯】男女入れ替制で利用可

    【露天風呂/瑠璃の湯】男女入れ替制で利用可

  • 【大浴場/鷹の湯・月の湯】宮大工による伝統の湯屋建築造りの大浴場

    【大浴場/鷹の湯・月の湯】宮大工による伝統の湯屋建築造りの大浴場

  • 【浴場】90度で湧き出る源泉「麻釜」より直接引湯。熱めのお湯です

    【浴場】90度で湧き出る源泉「麻釜」より直接引湯。熱めのお湯です

  • 大浴場

    大浴場

外湯をはじめ、温泉が生活の中に息づく昔ながらの湯の町

立ち並ぶ土産物屋のあちこちから立ち上る“おやき”の湯気に、思わず足が止まる。スキー場も近く季節を問わず多くの観光客で賑わう野沢温泉。一方、温泉が生活の中に息づく姿が昔ながらの湯の町情緒を一層高めている。江戸時代から住民が「湯仲間」制度で管理、維持してきた生活の場である13の外湯(無料)をはじめ、村の天然記念物「麻釜(おがま)」の熱泉で山菜をゆでる光景は野沢温泉ならではの風物詩だ。 京の天王寺蕪が野沢の気候で突然変異を起こして誕生したという野沢菜の漬物は、「おはづけ」と呼ばれ昔から親しまれてきた。

野沢温泉のクチコミ

総合満足度

4.6

(全47件)

温泉地の雰囲気・利便性(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。

温泉・お湯の特徴(※)

※5段階評価のうち、「 :あてはまる」、「 :あてはまる/ややあてはまる」と回答した人の割合です。
投稿者:
40代女性
訪問回数:
2回目
訪問・滞在の種別:
宿泊
同行者・目的:
夫婦・カップル旅行

温泉の質も良いのはもちろん、温泉街の雰囲気が好きです。13ある外湯も楽しめます。ハマってしまったので、また機会を作って行きたいです

評価ポイント

  • さらさら湯
  • 温泉街を散策できる
  • 静かな・落ち着いている
  • 秘湯感がある

野沢温泉の特徴

新潟との県境、毛無山の山すそに広がる温泉地。行基上人発見説、修行山伏発見説、手負い熊発見説が残る歴史ある名湯。江戸時代に飯山藩主、松平氏が別荘を建ててから湯治場として多くの人が訪れるようになったという。38本の源泉から毎分1700Lのお湯が湧出。村が「地下水源保全条例」で地下水の採取を厳しく規制しているため、現在も自然湧出を保つ。少し熱めの100%天然温泉を、13カ所の外湯で心ゆくまで楽しみたい。

泉質
硫酸塩泉、硫黄泉
効能
神経痛、リウマチ、婦人病、胃腸病、皮膚病、糖尿病など

野沢温泉の住所・アクセス

長野県下高井郡野沢温泉村
車でお越しの方
豊田飯山ICから車で約25分
電車でお越しの方
飯山駅からバスで約25分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

ゆこゆこナビゲーターへ
お気軽にご相談ください。

ゆこゆこ予約センタースタッフは豊富な情報からお客様のご希望に合う宿・施設をご提案するナビゲーター(通称ゆこナビ)です。お客様に寄り添い、お求めの施設情報をご案内いたします。

  • ※8:50~21:00受付(年末年始以外)
    ※一般の固定電話から1分11円、携帯電話から
    20秒11円 の通話料金がかかります。(税込)
    ※ 一部のIP・携帯電話の定額通話の方は
    050-3851-0165 050-3851-2799 をご利用ください。

このページをシェアする