電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

おしゃまんべ

北海道

長万部温泉の基本情報

  • 【長万部温泉】「毛ガニの街」に湧く塩辛い温泉

    【長万部温泉】「毛ガニの街」に湧く塩辛い温泉

「毛ガニの街」に湧く塩辛い温泉

函館から約70分、札幌からは約120分、渡島半島最北部の首部分に位置する温泉地。JR「長万部駅」の西側、歩いて約5分の住宅街の中に、約10軒の宿泊施設と1軒の共同浴場が軒を連ねる。北海道開拓時代には、馬車道路と海上交通の基点となった長万部。古くから道内交通の要として発展し、函館本線と室蘭本線に続き瀬棚線(現在は廃線)が開通した昭和7年以降は、重要な鉄道分岐点として人々であふれる「鉄道の街」として活気づいた。また、街の目の前には豊かな漁場で知られる内浦湾。

長万部温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

長万部温泉の特徴

ガス鉱脈とともに噴出したナトリウム塩化物泉。神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、慢性消化器病、筋肉痛、神経痛、婦人病、冷え性、切り傷、やけどなどへの効能が期待できる。水の成分に似た無色透明の湯で、血液の循環を促進し痛みを和らげるほか、保温効果が高く湯冷めしにくい。

泉質
塩化物泉
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、ねんざ、婦人病、冷え性

長万部温泉の住所・アクセス

北海道山越郡長万部町温泉町
車でお越しの方
長万部ICから車で約3分
電車でお越しの方
長万部駅から徒歩で約10分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする