• このページをシェア

そううんきょう層雲峡温泉

壮大な峡谷の中に広がる道内有数の大温泉街

大雪山国立公園内、黒岳山麓の層雲峡に沿って20軒近いホテルや旅館が立ち並ぶ一大温泉街。道内きっての景勝地として知られる層雲峡は、石狩川上流に沿って約24㎞続く渓谷。 高さ600m以上の断崖絶壁と見事な柱状節理、アイヌ語で「ソウウンベツ(滝の多い川)」の地名どおりの「銀河の滝」や「流星の滝」に代表される名瀑など、訪れる者を圧倒する大自然がここにはある。 特に岩壁を真っ赤な紅葉が染める秋や、滝が氷結して巨大な氷柱となる厳冬の景色は圧巻。この天を衝くような自然の造形を見て、大正時代にこの地を訪れた文人の大町桂月が古来のアイヌ語の地名に「層雲」の字を当てたのだとか。

層雲峡温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

泉質 塩化物泉、硫酸塩泉
効能 神経痛、リウマチ、糖尿病など

“北海道の屋根”こと大雪連峰の東麓、黒岳の渓谷に湧き出る温泉。幕末の安政年間に、和人として初めて大雪山系を探検した松田市太郎や松浦武四郎らによって発見されたという歴史を持つ。長らく登山者のための「隠れ湯」的な存在だったが、1950年代になってリゾートとして急成長。今では道南の定山渓や登別などと並び、北海道を代表する温泉地の一つとなっている。60以上もの源泉から湧くお湯は無色透明。弱アルカリ性で刺激が少なく、肌にやさしい湯質から肌の弱い人や高齢者、乳幼児を連れた湯客にも愛されている。開拓者から山男たち、そし

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道上川郡上川町層雲峡

アクセス

  • でお越しの方

    旭川鷹栖ICから車で約80分

  • 電車でお越しの方

    上川駅からバスで約35分

このサイトをシェアされたい方はこちら