電話で予約 8:50〜21:00

ようこそ ゲストさん

電話予約

ようろううし

北海道

養老牛温泉の基本情報

  • 【養老牛温泉】シマフクロウも訪れる大自然・中標津の秘湯

    【養老牛温泉】シマフクロウも訪れる大自然・中標津の秘湯

シマフクロウも訪れる大自然・中標津の秘湯

北海道東部の中標津町、標津岳南麓にある温泉地。アイヌ語「エ・ウォル」(頭を水に突っ込んでいる)が「養老牛」の語源とか。温泉宿は山深い標津川の渓流沿いにたたずみ、エゾリスやエゾクロテンといった動物、アカゲラのような野鳥、時には天然記念物・シマフクロウもやってくる手付かずの大自然の只中にある。同じ摩周湖でも弟子屈側とは違った趣を見せる「裏摩周」の展望台からは、遠く国後島まで一望。遠くに望む水平線から“地球の丸さ”が分かる展望台「開陽台」など、雄大な自然を体感できるスポットも周囲に揃っている。

養老牛温泉まち巡りおでかけマップ

マップの気になるスポットをクリックすると写真と一言コメントが見れるよ♪

地図提供:トビラボ

養老牛温泉の特徴

ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩泉。神経痛、筋肉痛、冷え性のほか高血圧や動脈硬化などにもよいとされている。源泉が80度以上と高温で、施設では源泉かけ流しで入れるようにしている。

泉質
硫酸塩泉
効能
神経痛、腰痛、冷え性、高血圧、動脈硬化

養老牛温泉の住所・アクセス

北海道中標津町字養老牛
車でお越しの方
中標津空港から車で約30分
電車でお越しの方
中標津空港からタクシーで約30分

※地図上の温泉地ピンの位置は目安となっております。
事前に詳細情報をご確認の上、お出かけください。

温泉の特徴を知ろう

泉質ガイド

温泉コンシェルジュへ
お気軽にご相談ください

ゆこゆこ予約センタースタッフはお客様に寄り添い、
お求めの宿・施設をご提案する温泉コンシェルジュです。
豊富な情報からお客様に合わせて
スムーズにご旅行プランをご案内いたします。

このページをシェアする