朝里川温泉(あさりがわおんせん)の周辺観光地

温泉の周辺観光地の情報

小樽貴賓館〔にしん御殿 旧青山別邸〕のイメージ画像  

小樽貴賓館〔にしん御殿 旧青山別邸〕

ニシンの大漁で財をなした栄華をしのぶ

明治〜大正期にニシン漁で巨万の富を築いた網元たちは競って建てた「にしん御殿」の一つ。春慶塗りの廊下や一本ものの長押、河合玉堂の書画など豪奢な造りが見事で、中の和風レストランでは食事もできる。(写真は、旧田中福松邸「鰊御殿」)

 
  • 住所:小樽市祝津3丁目63
  • TEL:0134-24-0024
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人1,000円、子供500円(見学は要予約)

小樽運河のイメージ画像  

小樽運河

港湾と物流でにぎわった小樽のシンボル

大正12年に完成し、かつて港湾都市・小樽の物流を担った運河。石造りの倉庫群や歴史的建造物などが点在し、御影石が敷き詰められた道が続く運河沿いを散策できる。夜にはガス燈でライトアップされ、風情たっぷり。

 
  • 住所:小樽市港町
  • TEL:0134-33-2510
  • 駐車場:あり
  • 入場料:なし

日本銀行旧小樽支店金融資料館のイメージ画像  

日本銀行旧小樽支店金融資料館

“北のウォール街”と呼ばれた小樽の面影を伝える

赤レンガの東京駅を設計した辰野金吾氏による設計で、5つの緑色のドームを配した石造り風ルネサンス様式の洋館。大理石のカウンター、外壁のシマフクロウの像など細部にも見どころが多い。現在は金融資料館として公開されている。

 
  • 住所:小樽市色内1-11-16
  • TEL:0134-21-1111
  • 駐車場:なし
  • 入場料:無料

石原裕次郎記念館のイメージ画像  

石原裕次郎記念館

戦後最大の映画スターのメモリアル

幼少期を小樽ですごした縁で開設された映画俳優・石原裕次郎の記念館。再現された主演映画「黒部の太陽」のセット、同じく「栄光への5000キロ」で使用された自動車のほか、レコードジャケットなどを展示している。

 
  • 住所:小樽市築港5-10
  • TEL:0134-34-1188
  • 駐車場:あり
  • 入場料:大人(中学生以上)1,500円、小人(小学生)300円

小樽市総合博物館のイメージ画像  

小樽市総合博物館

開拓期の小樽を駆けた蒸気機関車などを展示

平成19年にリニューアルした小樽の歴史と自然を集めた博物館。小樽は北海道鉄道発祥の地でもあり、明治初期に小樽を走った蒸気機関車「しづか号」などが展示される。少し離れて、分館「運河館」もある。

 
  • 住所:小樽市手宮1-3-6
  • TEL:0134-33-2523
  • 駐車場:あり
  • 入場料:一般400円(冬期300円)、高校生および市内在住の70歳以上200円(冬期150円)、中学生以下無料(冬期は11月4日〜翌年4月28日、分館「運河館」は別途、共通券あり)

※上記詳細情報は変更されることがあります。お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。