• このページをシェア

しろがね白金温泉

美しい丘の風景と十勝岳連峰を抱く“プラチナ”温泉

大雪山系の一角、オプタテシケ山・美瑛岳・十勝岳・富良野岳などが連なる十勝岳連峰の北西麓に広がる温泉地。美瑛入り口一帯には、ラベンダーなどが鮮やかな色彩で咲き連なる畑、なだらかな稜線を持つ丘、丘の上にカシワやポプラの木が点在する。 テレビCMや広告ポスターなどにも使われ、自動車会社のCMに使われた「ケンとメリーの木」、タバコの広告に登場した木などが植えられた「パッチワークの路」、優れた眺望のポイントを多くもつ「パノラマロード」など印象的な散策路も整備。 十勝岳連峰への登山やハイキングの拠点、テニスやゴルフ、スキー・スノーボードなどのリゾート地としての性格も併せ持ち、多様な旅行者のニーズに応える温泉。

白金温泉の宿一覧(3件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)
泉質 硫酸塩泉、含鉄泉
効能 神経痛、筋肉痛、皮膚病、痔疾など

昭和25年、当時の美瑛町長・鴻上覚一氏が掘削に成功した温泉。苦心の末の開湯だったことから、鴻上町長は「この湯は地底から湧いたプラチナ(白金)ともいうべき尊いもの……」と語り、そこから“白金温泉”と名付けられたという。摂氏約53℃で湧き出る源泉は、湯上がり後には肌がツルツルになると評判。浴場は、秘湯を感じさせる岩造りの露天風呂、温水プール、庶民的な共同浴場など宿により変化に富む。それぞれ日帰り入浴もでき、目的にあわせて多彩な湯浴みを楽しめる。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道上川郡美瑛町白金

アクセス

  • でお越しの方

    旭川鷹栖ICから車で約90分

  • 電車でお越しの方

    美瑛駅からバスで約30分

このサイトをシェアされたい方はこちら