• このページをシェア

おびひろ帯広

食の宝庫・帯広は豚丼発祥の地

北海道を東西に分ける日高山脈の東に広がる十勝平野、そのほぼ中央に位置する帯広市。明治の入植後に養豚が始まり大正末期には豚肉料理が一般的になり、昭和8年にはうな丼をヒントに豚丼が考案された。 甘辛いタレの味は郷土料理として市民に愛されてきたという。農業王国・酪農王国として知られる十勝は食の宝庫。高い食料自給率を活かして、日々新しいご当地グルメが生まれている。ここ帯広に湧く温泉は世界でも非常に貴重な「モ ール温泉」である。 「モール温泉」とは、大昔、地中に埋もれた植物が黒炭に変化する過程で生じる、フミン酸やフルボ酸という肌をつるつるにする有機酸が、地下水に溶け出し温泉となったものである。湯巡りをしながらその土地ならではの味を楽しむのも旅の醍醐味だ。

帯広の宿一覧(1件)を見る

温泉の特徴

特徴 にごり(褐色)、美肌
泉質 単純泉
効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、疲労、ねんざ、冷え性、打撲、痔疾

泉温42.3℃のモール泉、薄いコーヒー色のお湯には、神経痛、筋肉痛、打ち身などの効能がある。

温泉の特徴をもっと見る

住所・アクセス

住所

北海道帯広市

アクセス

  • でお越しの方

  • 電車でお越しの方

    帯広駅から徒歩約15分またはタクシーで約4分

このサイトをシェアされたい方はこちら